アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


アート・音楽

美術

11月 おすすめ美術 2017.11.20
Share

◆没後40年 熊谷守一 生きるよろこび

東京国立近代美術館

熊谷

熊谷守一 《猫》 1965年 愛知県美術館 木村定三コレクション

明るい色彩と単純化されたかたちを特徴とした作風で知られる熊谷守一。特に花や虫、鳥など身近な生きものを描いた晩年の作品は、多くの人に愛され続けている。本展では200点の作品に加えスケッチや日記なども展示。生涯描き続けた熊谷の作品世界に迫る。
■会場/東京国立近代美術館 会期/12月1日(金)~2018年3月21日(水・祝) 12月28日~2018年1月1日、9日、2月13日、月曜日休館(1月8日、2月12日は開館) 観覧料/一般1,400円(税込)他【問】ハローダイヤル☎03‐5777‐8600

◆日本・デンマーク国交樹立150周年記念 デンマーク・デザイン

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

デンマーク

 

コンポート、皿、バターパット〈ブルーフルーテッド〉 ロイヤル コペンハーゲン 塩川コレクション

多くの優れたデザイナーを輩出しているデザイン大国、デンマーク。本展ではロイヤル コペンハーゲンや黄金期と呼ばれるミッド・センチュリー(20世紀中ごろ)の名品、伝統を受け継ぐ現代までの家具、食器、家電などを展示。良質で快適な住まいを追求した暮らしのかたちを紹介する。
■会場/東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 会期/11月23日(木・祝)〜12月27日(水) 月曜日休館(12月25日は開館) 観覧料/一般1,200円(税込)他【問】ハローダイヤル☎03‐5777‐8600

 


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内