アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


アート・音楽

美術

3月 おすすめ美術 2018.03.19
Share

◆猪熊弦一郎展 猫たち

Bunkamuraザ・ミュージアム

猪熊

猪熊弦一郎 題名不明 1987年 インク・紙 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館蔵 ©The MIMOCA Foundation

昭和期を代表する画家のひとり、猪熊弦一郎(1902年~1993年)。美しい形や色を探求し独自の作品世界を確立した猪熊は無類の猫好きとしても知られ、たくさんの猫に囲まれた暮らしは創作の源となった。本展では油彩、水彩、素描など猪熊の「猫」を中心とした作品、百数十点を紹介。画家の観察眼と深い敬愛から描かれたユニークな猫たちを楽しめる。
■会場/Bunkamuraザ・ミュージアム 会期/3月20日(火)〜4月18日(水) 入館料/一般1,300円(税込)他【問】ハローダイヤル☎03‐5777‐8600

 

 

◆創刊記念『國華』130周年・朝日新聞140周年 特別展「名作誕生―つながる日本美術」◆

東京国立博物館

国宝

 

雪梅雄鶏図 伊藤若冲筆 江戸時代・18世紀 京都・両足院蔵

日本美術史を彩る名作の時代背景や作品同士のつながりに光を当てる展覧会。人々の祈りがつないだ仏像や仏画、独自の美を描いた雪舟、宗達、若冲らの代表作、古典文学を表現した工芸品、新たな境地を拓いた近代洋画まで地域、時代を超えた名作を12のテーマで紹介。美術を鑑賞する「ヒント」と共に国宝・重要文化財を含む約120件を展示する。※会期中、展示替えあり
■会場/東京国立博物館 平成館 会期/4月13日(金)〜5月27日(日) 月曜日休館(4月30日は開館) 観覧料/一般1,600円(税込)他【問】ハローダイヤル☎03‐5777‐8600

 

Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内