アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


介護

ケアマネ鈴木康修の介護最前線!

第五回 食事の配達サービス 2009.01.30
Share

 「ケアマネ鈴木康修の介護最前線!」とは 

今回より何回かに分けて「一人暮らし」で利用できるサービスについて書かせていただきます。

 最近では高齢化に伴い、ご高齢者がご高齢者を介護する「老老介護」や、認知症の方が認知症の方を介護する「認認介護」という言葉もできてきました。これらは社会問題となっておりますが、ご高齢者の一人暮らしも少なくないため、大きな問題となっています。

 今回は、食事の配達サービスを紹介します。

【配食サービス】
 自ら食事の支度をすることが困難な単身又は高齢者世帯の方に食事(昼食)を配達するサービスです。

 「老老介護」でも利用が可能です。市区町村で費用負担しているので、比較的費用が安価ですみます。ただ、近年この事業が縮小傾向にあるので、市区町村の費用負担額も少なくなり結果的に利用料(お弁当の代金です)が高くなってきています。

 最近では、コンビニエンスストアーやファミリーレストランでも配達をするところが増えましたし高齢者専門のお弁当配達業者も増えていますので、お一人暮らしにかかわらず検討してみてはいかがでしょうか。特に「糖尿病」や「腎不全」など、食事にいろいろな制限がある場合は、はじめからカロリーなどの調整をしているお弁当であれば手間もありません。また、お弁当の配達時に安否を確認してくれるところもあるので、安心です。

 ご近所との交流が少なくなってきたり、足腰が弱くなってきているとなかなか外出や友人・知人の訪問も少なくなりがちです。民生委員の訪問なども行っているところがありますが、まだまだ十分であるとは言えません。こうした食事の配達も上手に利用していきたいものです。

※市区町村によっては利用料金や内容に差がありますので、詳しくは最寄りの市区町村にお尋ねください。


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内