アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

暮らしの中の仏事

都立霊園の申込みが始まります 2011.07.01
Share

【暮らしの中の仏事】一覧はこちら

 

 

 この時期、大野屋テレホンセンターへの問い合わせで増えているのが、「都立霊園にお墓を建てたいが、どうすればいいか」というご相談です。

 都立霊園は、東京都が管理・運営する公営墓地なので、永続性が保証され、民営墓地に比べて年間管理料が安く、宗教も問わないので、とても人気があります。昨年の状況では、全体の平均倍率は10倍と、募集数の増加により倍率はやや減少しているものの、小平霊園や多磨霊園みたま堂の一部の区画では30倍前後の高倍率となりました。

 申し込みにはいくつかの条件があり、霊園や墓所の形態によって異なりますが、一般墓地・芝生墓地では、次の項目が申し込み資格となります。

 

1. 申込者本人が5年以上継続して都内に住居している

2. 埋蔵すべき遺骨を持っている

    (霊園によっては一度も埋蔵・収蔵したことがない遺骨に限る)

3. 申込者は遺骨と親族関係にあり、祭祀を主宰する者である

 

 先日東京都より発表された募集内容によると、昨年と比べ、多磨霊園、小平霊園、八柱霊園の一般埋蔵施設で計323箇所増(6割増)、小平霊園合葬埋蔵施設で500体増(2割増)と募集数が増えています。また、従来の郵送での申込みに加え、インターネットによる申込みもできるようになりました。

 

 申し込み期間は7月1日~14日までで、申込書は申込開始の4日前から配布されます。例年のスケジュールでは、8月に公開抽選をおこない、当選者は10月に書類にて資格審査を受け、12月に使用許可証が交付されます。

 大野屋テレホンセンターでは、仏事に関するご相談を毎日受け付けており、都立霊園のご質問にもお応えします。ご希望の方には「都立霊園申し込みハンドブック」の配布もしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
 

協力◎大野屋テレホンセンター 所長 川瀬由紀

 

 

■大野屋テレホンセンター 通話無料0120-02-8888
365日(9:00~20:00) 
http://www.ohnoya.co.jp

 

【暮らしの中の仏事】一覧はこちら


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内