アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

暮らしの中の仏事

喪中ハガキを受け取ったら 2011.12.05
Share

 

【暮らしの中の仏事】一覧はこちら

 

 

 いよいよ師走。大掃除に年賀状の準備と、気忙しくなる時期ですね。『年賀欠礼』(いわゆる喪中ハガキ)が届く頃でもありますが、受け取ったら、皆様どうしていますか? 年賀状を控えるのは当然ですが、そのまま何もしないのも気になりますね。今回は、受け取った後の対応についてご説明します。

 

■亡くなられた事を知っている場合
 喪中の方はさびしい年末年始を過ごしていることでしょう。年賀状は控え、挨拶状をいただいた御礼のお返事を出すと丁寧です。

◎ここがポイント
1.ご挨拶状をいただいた御礼
2.ご遺族がさびしい新年を迎える事への慰めと励まし
3.こちらからも年賀状を遠慮させていただく旨を記しましょう。

 

■亡くなられた事を『年賀欠礼』で初めて知った場合
 年賀欠礼で亡くなられた事を知った場合、どのような返事をだしたらいいのか困ってしまうものです。喪中見舞いできちんとしたご挨拶をするようにしましょう。

◎ここがポイント 
1.ご挨拶状を頂いた御礼と、ご不幸を知らずに居た失礼をお詫び
2.お悔やみの言葉と慰めや励まし
3.こちらからも年賀状を遠慮させて頂く旨をお伝えします。

 

● 寒中見舞いとは
 年末にご不幸があったり、『年賀欠礼』を出さなかった相手から年賀状を頂戴してしまった時には、お正月が明けた段階で『寒中見舞い』を出します。

 ◎ここがポイント
1.年賀状を頂いた御礼
2.喪中であった為に年賀状を出せなかったことをお伝えします。

 

 大野屋テレホンセンターでは365日、もちろん年末年始も無休で仏事のご相談を受付けていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。また、暮らしに役立つメールマガジンも配信中です。
 

協力◎大野屋テレホンセンター 所長 川瀬由紀

 

 

■大野屋テレホンセンター 

通話無料0120-02-8888  365日(9:00~20:00) 
http://www.ohnoya.co.jp

【暮らしの中の仏事】一覧はこちら


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内