アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

暮らしの中の仏事

~お仏壇のお手入れ~ 2012.11.01
Share

~お仏壇のお手入れ~

【暮らしの中の仏事】一覧はこちら 

 

 

 すっかり秋らしく、過ごしやすい季節になりましたね。乾燥した晴天が続くため、虫干しにも最適の時期ですが、お仏壇のお手入れはどうしていますか?
 面倒に思われるかもしれませんが、実は簡単な作業です。今回は大切なお仏壇のお手入れ方法をご紹介します。

 

【用意するもの
毛ばたき、柔らかい布、筆

1. 中の仏具を取り出し、 毛バタキで全体と内部のほこりを払います。
2. 柔らかい布でぬりの部分をやさしく拭きます。
3. つやふきんを使う場合は、やや力をいれて拭きます。美しい艶がでて、

  わずかの傷なら目立たなくなります。
4. 汚れがひどいところは湿ったタオルで。タオルの端から10センチくらいを水でぬらし、

  乾いている部分に水分を移すように、一緒にしぼります。そうするとタオル全体を

  ほどよく湿らせることができます。
5. 仏具は、研磨剤でみがいた後、きれいな布やブラシで彫の奥まで油気を十分にとり

   去っておくことが大切です。ガラスや陶器の仏具は食器と同じように洗ってください。

 

【金仏壇の場合】
1. 金箔の個所はこすりますとはげてきますので、決してこすらぬよう軽く毛バタキで

   払う程度に止めます。
2. 彫刻部分など細かいところにたまった埃は、毛の柔らかい筆でやさしく

    お掃除します。
3. 漆ぬりの個所は、強くあたると傷がつきやすいので、花瓶やお仏器の上げ下しには

    十分注意します。
4. 汚れがひどいところは、湿ったタオルで掃除します。
5. お仏具は塩分を嫌いますので、汗ばんだ手 でさわらぬようにします。汚れた場合、 

   水洗いをし、柔らかい布で拭きましょう。

 

 

 お仏壇は亡くなった方の住まいです。いつも綺麗な状態を保っておきたいですね。

お仏壇をリフォームすることも出来ますので、詳しくは大野屋テレホンセンターまでお問合せください。
 


協力◎大野屋テレホンセンター 所長 川瀬由紀

 

 

■大野屋テレホンセンター 通話無料0120-02-8888
365日(9:00~20:00) 
http://www.ohnoya.co.jp

【暮らしの中の仏事】一覧はこちら


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内