アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

暮らしの中の仏事

お葬式~こんなことで困っていませんか? 2013.03.11
Share

【暮らしの中の仏事】一覧はこちら

 お葬式は大切な方を偲び、感謝の気持ちをあらわす場です。故人との最後のお別れの場で想いをこめてきちんとお送りするために、迷ってしまう様々な場面でのマナーを身につけておきましょう。

●家族葬でやります、と言われたら?

 最近は家族や近しい親族のみでお葬式を行うことも増えています。故人や遺族の意向をふまえ一般の人は参列を遠慮します。お参りしたい場合には、都合を伺った上で自宅を訪ね、お香典やお供えを差し上げて、お参りさせてもらいます。タイミングとしては初七日が過ぎて遺族が落ち着いた頃がよいでしょう。

 

●お香典はいくらぐらい包む?

 故人とのご関係、お付き合いの程度、地域の慣習や親族のお考えによって異なります。目安としては下の通りです。

◆両親………………………………………  5~10万円

◆兄弟姉妹・その配偶者……………………3~5万円

◆祖父母…………………………………… 5千円~3万円

◆おじ、おば、いとこ、おい、めい…………  5千円~3万円

◆嫁の実家、娘の嫁ぎ先………  3~5万円(先方の両親)/1~3万円(先方の祖父母)

◆ご近所(町会の決まりがあれば従います)…5千円~1万円

◆上司、同僚、部下およびその家族……… 5千円~1万円

◆友人の親………………………………… 5千円~1万円

  また中に入れるお札は、新札を使わないという慣習があります。新札だと事前に準備しておいたようで失礼になるという考えからです。もし新札を使う場合には一度折り目をつけたものをお包みすると良いでしょう。

 大野屋テレホンセンターでは、年中無休で仏事のお悩みにお応えしています。お香典の金額に迷った際には、匿名でのご相談も承っていますのでお気軽にお電話下さい。

 他にも仏事全般の悩みや、よくいただくご相談を、毎月一回まとめてメールマガジンで無料配信していますので、こちらもぜひご活用ください。

 

協力◎大野屋テレホンセンター 所長 川瀬由紀

 

 

■大野屋テレホンセンター 通話無料0120-02-8888

365日(9:00~20:00) 

http://www.ohnoya.co.jp

 

【暮らしの中の仏事】一覧はこちら


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内