アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

暮らしの中の仏事

どうする?実家の仏壇 2017.08.07
Share

 

【暮らしの中の仏事】一覧はこちら

 

 いよいよ夏休み。実家へ帰省することも多い時期です。高齢の親が住む家には、大量のモノがあふれていて、快適な生活環境を守るためにも『片付け』を勧めたいが、精神的にも体力的にも親自身には困難だったり、子供には不要な物に見えても、色々な思い出の詰まった宝物だったりするので、たとえ親子でも難しい問題です。
 テレホンセンターにも片付け相談が寄せられるのが、仏壇について。古い仏壇は、素材が良質で高価なものもあります。「傷んでいるから」と処分をする前に、一度リフォームを検討してみるのもおすすめです。汚れをクリーニングし、キズやくすみ、壊れた個所を丁寧に修復してくれるので、新品同様に蘇ります。
 親の仏壇を引き取り、2つになってしまった、という場合は、同じ宗派ならば、仏壇もひとつにまとめたほうが日々のご供養がしやすいですね。位牌をどちらかに移し、もう一方はお寺でお焚き上げの供養をしてもらうか、仏壇店で引き取ってもらいましょう。宗派が違う場合も、どちらかの宗派に合わせることで、一つの仏壇にまとめることができます。「宗派を変える」ことは、昔からよくされてきたことで、決してタブーではないので安心してください。どちらもご供養していきたい場合は、ご家族とよくご相談され、皆様の納得される場所に置きましょう。
 位牌がたくさんあって仏壇に入りきらない、という時は、お寺や仏壇店などで「先祖代々之霊位」と刻印された位牌を作り、古い位牌はお焚き上げをして処分するのがひとつの方法です。それぞれの戒名、死亡年月日などは、過去帳に書いておくといいでしょう。

 


■大野屋テレホンセンター 通話無料0120-02-8888
365日(9:00~20:00) 
http://www.ohnoya.co.jp

【暮らしの中の仏事】一覧はこちら 


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内