アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

星さいかさんのEasy English

~連載61~ ちょっと役立つ!?ラクラク英会話~旅編~ 2017.04.19
Share

キャナアイ アスク ユー?

Can I ask you?

 

旅先で何かたずねる、質問する、というケースがあるかと思います。

「すみません」と声をかけて、そのままダイレクトに用件を言ってしまえればそれにこしたことはないですが、なんだか相手が忙しそう、とか聞いて大丈夫かな?と思う瞬間ってありますよね。

声をかけた時の相手の反応で、何か怪訝そうな顔をされたり、現地でどこかの場所を尋ねるのに、この辺りにの人ではなくて、この人も観光の人かな?という声をかけてみないとわからない場合もあります。

この人に聞いてわかる内容かな?とか・・・そんなことってありませんか?

たとえば、どこかの場所に行くのに、なんだかいつまでたっても看板らしきものも見えないし、この道であっているか不安になってきたので、迷子になる前に一応確認したいというケース。

通りを歩いている人の中には同じように観光で来ているだけの人も当然いるでしょうし、その国の人でも、そのエリアは詳しくないとか、通りにあるカフェの店員に聞いても知らなかったり、話しかけてみると、そんな状況ってあります。

その人に聞いてわかるかどうか?

エクスキューズ ミー キャナアイ アスクユー?

Excuse me.Can I ask you?すみません。聞いていいですか?)」

 

たいてい、親切に教えてくれるとは思いますが、私は「No English(英語はわからない」といって聞けなかったケースがヨーロッパのある国ではありました。

ご年配の女性で現地の方だったんですが、英語圏ではなく英語は話さないという方らしかったです。それはまれなケースですが、「忙しいから」とごめんなさいしていかれる方もいました。

あとは、たとえば、みやげ物の店に行き、“用途はわからないがなんだか気に入った、何に使うか知ってから買いたい”、“○○柄のTシャツは扱ってるか”とか、何かしら聞きたいことがあるが、店員さんは忙しそう。

今、質問して大丈夫かな?という状況ってあります。「買います」ではなく「質問なんです」と意思表示を先にするだけで、店員さんも質問があるのかと状況を把握してくれます。

ツアーだと時間がありませんので悩むより即決が必要ですが、疑問に感じたら質問はしたほうがいいと私は思っています。とりあえず聞いてみましょう。

Excuse me.(すみません)」と一言呼びかけてから、 

キャナアイ アスクユー?

Can I ask you? 聞いてもいいですか?)」

店員さんが大丈夫ならきっと

 アイム カミング        イェス ワット イズ イットゥ?      

①「I’m coming 今いきます)」 / ②「Yes. What is it? はい、なんでしょう?)」

この表現は店員さんが目の前ではなく別の用をしていて、客が注意を引くために呼びかけた時に、店員が応答するときに使います。目の前にいる状況なら②かなと思います。

おそらく①か②の状況が多いと思いますが、返事をしてくれたならすぐに聞きたいことを言いましょう。

さて、質問するのが得意な方と、少し苦手な方とがいると思います。

日本人はどちらかというと、他国からの観光客と比べると率先して質問して悩み解消という感じではないような気がします。

でも、一言クッション言葉をいれておけば、なんとなくいいやすいのではないかと思います。

ホテルのフロントで、この街にあるはずのレストランの行き方わかるかな?とか、ここで聞いてわかるかな?と自信がないときなども、

キャナアイ アスク ユー アバウト ○○ レストラン?

Can I ask you about ○○restaurant? ○○レストランについて聞いていいですか?)」

なんて「Can I ask you? 」をいれれば、直球でなくやさしい感じでたずねることができます。

ぜひ、時間がある状況でしたら、直球の質問でなく、ひとこと加えて会話をしてみてください。

それでは、また次回!See you next time!

 
星さいか 「ウルトラマンガイア」XIGオペレーター(鵜飼彩香役)、NHK「英語であそぼ」(チャチャの声)などを経て、現在は歌と朗読のライブなどでも活躍中。
著書に「海の北斗七星」「101号室の謎を追え!」ほか(光文社の電子書籍にてURL:http://www3.kobunsha.com/kappa/
 
■星さいかのときめきダイアリー 活動や日々を綴った星さいかのブログです。
 
★星さいかの夢時間 vol1 『憂鬱な雨の日も~Happy!高円寺 6月号より~』  『HAPPY! 高円寺』の「来て 見て いい街!高円寺」の朗読ページです!  詩・朗読 / 星さいか    URL:http://www.youtube.com/watch?v=FsSbHcb1AmQ
 

Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内