アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

藤木相元先生の運をつかむ!

第一話『幸不幸は「時」が決めるもの』 2007.02.06
Share

【藤木相元先生の運をつかむ!!】一覧はこちら

 人の幸、不幸は時と心の所産といいます。人である以上生まれながらにして、幸せに生きるようにできています。幸せではないと感じるのは、自分を歪めてしまっているからです。そこでこれから、私が長年、嘉祥流観相学会導主として相談を受け、助言を与えてきたものを皆さんにご紹介していこうと思います。

 まず、第一章は「運をつかむための考え方」です。悩みを乗り越え人生をポジティブなものにするための考え方をお話します。あなたが何かでひどく迷ったり、苦しんだり、困ったりしたときの手引きになれば幸せです。

 自分のことを不幸だと思っている人は、まだ本当に不幸ではありません。それは、自分が不幸だと考えるだけの余裕があるからです。道元の言葉に「幸、不幸は時なり」というものがあります。これは、人生の中には幸福なときもあれば、不幸な時もあるという意味です。不幸であることが自分でわかるから、幸福への希望が持てるのです。いってみれば、不幸なときこそ幸福がわかるのだから、それがわかれば大いに幸福であるともいえるのです。不幸もまた幸福への予兆と考えた方が、幸福感を味わえるということではないでしょうか。

嘉祥流観相学会導主
藤木相元

【藤木相元先生の運をつかむ!!】一覧はこちら


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内