アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

藤木相元先生の運をつかむ!

第三回 『やりがい』は明の考えが生むものです 2007.05.15
Share

【藤木相元先生の運をつかむ!!】一覧はこちら

 よく「やりがいのない仕事」といって怠けたり悲しんだりする人がいます。人間は何事にも真剣に考えなければならないのですが、深刻に考えてはいけません。真剣というのは明、明るい考え方のことであり、深刻というのは暗、暗い考え方のことです。物事を深刻に考えると、どんどん暗い考え方に落ち込んでいき、決して良い考え方は生まれてきません。深刻に考えれば考える程、うまくいかず、働けばしんどく、考えれば行き詰まってしまい、最後には自分の人生のやりがいまでも無くしてしまいかねません。

 『やりがい』というのは人間の心がとらえるもので、感動すること、心が動く事など心の動きの中で確認できるものです。山に登って登りがいを感ずる人も、海に潜ってやりがいを感じる人もいます。詩を詠んで感動する人も、走りに走って生命を感ずる老人もいるのです。自分は一体どういう人間なのか真剣に考えて個性を引っ張りだし、自分を自らが演出して物事に挑戦することこそ『やりがい』なのです。自己認知、自己主張、自己完成、これが人間生涯の『やりがい』に繋がるのです。

 

 

 

 

嘉祥流観相学会導主
藤木相元

【藤木相元先生の運をつかむ!!】一覧はこちら

 


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内