アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

藤木相元先生の運をつかむ!

第十一回 長生きの秘訣は簡単! 2007.11.30
Share

【藤木相元先生の運をつかむ!!】一覧はこちら

 誰でもが一日でも長生きしたいと思っています。最近、長生きする秘訣が敦煌から出土しました。これが、嘉祥流観相学の祖である達磨大師が書き残したといわれる長生きの秘訣だそうです。

 まず一つは、無理をしないでゆっくり物事をやることだ、無理はいけないよということです。「あわてる乞食はもらいが少ない」というように、慌てて目的に近づこうとしてはいけません。気ばかり焦って肝心なことがおろそかになって、かえって苛立って、これでは長生きにはいけないといっているのです。第二に、常に心を冷静にして怒らない。何事にも腹を立てない。腹を寝かし付けること。腹を寝かせれば、穏やかになって人からも慕われるということです。第三は、すべての物事を善意に解釈しなさい。良いように、良いように解釈して、自分のやることに専念し、つまらないことは心配しないことです。第四は、まだ来ぬ明日のことを案じず、第五はよくよく眠ることでした。さすがに禅家の祖です。

 無理しないということ、怒らないということ、よく眠ること、こんな当たり前のことのように思えますが、この五つの長生きの秘訣を守れる人は案外少ないのです。無理もします。腹も立ちます。怒りもします。ちょっとしたことでも心配します。これはどうにもしょうがない人間の性なのです。それでも、ある年齢がが来て思い立った時からでも、この五つのことを実行すれば、たしかに人間は長生きできます。これは健康法でもあります。こんなことからも達磨さんの偉大さを知ることができます。

 

藤木相元

嘉祥流観相学会導主

【藤木相元先生の運をつかむ!!】一覧はこちら


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内