アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

藤木相元先生の運をつかむ!

服装を楽しみましょう! 2009.02.08
Share

 【藤木相元先生の運をつかむ!!】一覧はこちら 

 勤めに出る時、家にいる時、その日その日に着る服装を取り替えるところに楽しさが生じます。ジーパンが便利だとか、自分の個性だからといって、毎日同じ服を着る人がいますがこれは考えものです。作業服にしても、仕事場についたら着替えるものです。だから、そこへ行くまではジーパンでもいいではないか、ということにはなりません。ジーパンというのは特別の作業や遊びとして着た時に価値があるのです。もともとジーパンは、アメリカのゴールドラッシュ時代に発明されたもので、大勢の男たちが山へ山へと金を見つけに入りました。金の摂取でズボンはすぐボロボロになってしまう。それを見た男がテントの生地でつくったのがジーパンの始まりで、それからジーパン文化は世界に広がっていったのです。

 ジーパン姿でオフィスへ出かけることが、男性も女性もある程度許される時代となりましたが、ジーパンの楽しさやリラックスさは、普段のフォーマルやカジュアルな服があってこそ生きてくるのです。職場に通う時には、今日は良いことがあるようにと、せめて縁を呼ぶオシャレが必要です。顔やヘアースタイルだけではなくて、オシャレというものを自分でも楽しんでほしいものです。

 人に見せる前にまず自分が楽しむ。これが明を作り出し、明の縁と呼ばれる因になるのです。

藤木相元(ふじき・そうげん)

大正12年兵庫県生まれ。昭和40年三輪宗引接寺にて嘉祥流観相学会を組織。以後多くの人々のカウンセリングや企業の経営相談にあたる。平成3年三論宗の復興に貢献し大僧正となる。

ホームページはこちら

 

 

【藤木相元先生の運をつかむ!!】一覧はこちら

 


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内