アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

加藤ゐくこ先生の薬膳料理

~連載16~ 2012.10.12
Share

■秋時雨(あきしぐれ)と虹

 

台風一過の秋晴れ・・・と言うように、澄んだ青空が爽やかさを象徴する日もあれば、秋の冷たさを強調する秋の雨、秋時雨が降ったりして急速に秋が深まってまいります。秋時雨が止んで思いがけなく虹を見たりすると、侘しさと反対になにやら急に幸せが舞い込んでくるかも・・・なんて気持ちが大きくなるのも不思議な心の変化を覚える秋の一コマです。美しい虹をみつけました!

 


■彼岸花:曼珠沙華:マンジュシャゲ

 


暑さ寒さも彼岸まで・・・とよくいわれますが、今年は、秋彼岸を迎えても残暑が続いていました・・・そして、このころ、畑の際や土手、公園の片隅に突如として真っ赤に咲きそろう彼岸花ですが、厳しい暑と雨が少ないの夏のせいか、半月以上も遅れて、10月初めになってようやくお目見得しました。
 
関東地方の彼岸花の群生地として知られる日高市の高麗川沿いに三日月形に広がっている河原側が早く、反対側の低い堤防道側、中央部と咲きます。今週末、(10/6)中央部は五分咲まで行ってくれるといいですね~真っ赤に花が咲くのを期待するなら来週末がチャンスかもしれませんよ。一面、真紅の花のじゅうたんは、一度は見る価値があるのではないでしょうか?
 
怪しいまでに美しい彼岸花の球根には、リコリンと言う有毒物質をふくみますが、水に晒せば飢饉の際の非常食にも用いられるとか・・・更には、球根をすりおろして小麦粉を混ぜたものを足の裏に湿布するとガンの末期の腹水を下す、とされ、薬用にもなるそうです。「美しいものには毒(トゲ!)がある」と言う教訓を思い浮かべますが、正義の味方のような一面もあることは、素晴らしいではありませんか!?
 
■我が家で100歳のお祝い!


クッキングスタジオの二階には、夫の母がいます。かつては6人家族で賑やかにしていましたが、二人の子供が結婚し、父が20年前に他界、母が残り、二世帯住宅に現在3人で暮らしています。明治生まれの頑固な父が亡くなったあとは1年ほど、放心状態の母でしたが、その後は、元気を取り戻し、今日まで静かに余生を送っています。
 
9月19日、地域の担当者から授与された表彰状と銀杯を受けて、100歳の実感をしっかり受け止めて静かに喜んでいました。

 


 
母には4人の子供がいますが、老後は長男と暮らしたい・・・と願っていたため、わが夫(長男)もその気持ちを大切に思い、定年後は趣味のカメラや木版画も一時中止して、心からの介護の日々を過ごしています。
 
ちなみに、ここで100歳のお食事をご紹介しましょう。

 

 


朝食は果物、卵とチーズを一日おきに、牛乳を加えた薄いコーヒー、ブドウパンにブルーベリージャム、レタスなどの青い野菜を午前8時頃にいただきます。昼食は12時に。ほんの一例ですがおめにかけましょう。


ご飯は秋田県産の五分搗きの波動米(時には柔らかい玄米も)に栄養豊かな麻の実をかけます。毎日欠かさないお味噌汁は、九州の麦みそと豆味噌半々、野菜、海藻に必ずブロッコリーを2房加えます。この日はカジキマグロの塩麹漬けに大根おろし(お魚が多く、必ず大根おろしを添えます)人参のグラッセ、塩茹でさやいんげん、ぶどう少々です。夕食は、快適な睡眠のためもあり6時半ころに一口程度の軽い和食で済ませます。副菜の好物は、黒豆とヒジキ、ワカサギの佃煮、お漬物はぬかみそなどを欠かさずにつけています。
 
お部屋は2階で丁度、朝食の時間に朝日が射し込み、東西南北に開けた窓からは風が通りぬけ、日中にはベッドルームに南からの太陽が燦々と降り注ぐ・・・と言う、我が家でも一番条件の良い方角となっています。
 
三男の末っ子夫婦が3分位の近くに住んでいるので、時折見舞いに、孫は5人、ひ孫6人で、小さい子供の顏を見るのが何よりの楽しみのようです。
 
要介護度3、訪問看護週一回、2時間のヘルパーさんが週2回、入浴サービス週1回のスケジュールをこなし、日中は新聞チェックと読書、10時と3時のお茶タイム、トイレ、食事も自分でできます。ただ、外出はここ10年くらいはしていません。お茶のみ友達は皆先に天国に行ってしまいましたので・・・デイサービスなどの見知らぬ人の中には、はいりたくないようです。記憶力は素晴らしく、わたくしたちが、負けてしまうくらいです。耳が少々遠いのですが、補聴器をつけて会話はできています。秋の爽やかな風と穏やかな日差しのなかで、まだまだ、元気で過ごしていくことでしょう。
(まんいち、こちらが先に・・・などと言うことがないように、がんばります!)
 
■新そば

 


秋の楽しみの一つに「新そば」があります。この時期、10月上旬、蕎麦やさんに新そばはまだ、早いかもしれません。先日、八王子に墓参に行った帰りに、市内の「弥彦そば」で昼食をとりました。古い民家造り、水車や新潟の鯉が泳ぐ水路がある素朴さが看板、「へぎそば」が名物です。「へぎ」とは、海藻の粉末が入った黒いそばを入れる細長い板状のお盆のような器のことだそう。そば粉の香り・・・と言うより、海藻の匂いが特徴の弥彦の蕎麦でした。
 
[クッキングスタジオFAMILY62]では、信州上田の「蕎麦おお大西」からお取り寄せしたそば粉で、“そばがき“をつくりました。

 


数種類のきのこで蕎麦汁を作り、出来たてのそばがきと、お取り寄せした、おお西の発芽そばを加えて、ほっこりとしたそばがきとあまーい発芽そばを堪能しました。
 
「そばがき」の作り方は丸底の平鍋に材料のそば粉と水を入れ、火にかけながら、ひたすらダマにならないようにかき混ぜるだけなのですが、問題は、そば粉の鮮度で、そばの実を「粉に挽いて3日以内」とか言われています。入手して、すぐに冷凍庫で保存していたので、もちもちの滑らかなそばがきが出来がり、一足早い蕎麦の味覚を堪能しました。但し、蕎麦通と言われる人たちは、そばがきは、生醤油でいただくのが粋・・・とされていますので、悪しからず!
 
そばがきのレシピ紹介!

 

『誰でも作れる・そばがき』
《材  料》

 3人分 そば粉100g、水1C
《作り方》
 ①行平鍋にそば粉を入れ、菜箸で混ぜながら水を加えて満遍なく混ざったら火にか 

 け、擂り粉木で混ぜながら、ブチプチと音が出るまで火を通します。(火が通る時玉に

 なるので鍋底を濡れた雑巾で冷しながら良く練ります。)
 ②たっぷりの熱湯に一口サイズの①を大きいスプーンですくい、形(ラグビーボール 

 のような形や木の葉型、ボール型に)を整えて落とし、茹でて網のお玉ですくいあげ

 ます。
 ③熱々の蕎麦湯に②をいれてすすめます。
 ☆そばがきは、生醤油でただくのが一番。薬味は要らない。
 ☆  蕎麦を粉にひいたら3日までに使用するのが正しいそば粉の使用法。引き立て、 

 打ち立て、茹でたての三たてで食するのが一番です。

 

『きのこのそばかき汁』
《材料》
6人分
 汁・・・だし汁6C
 キノコ(舞茸、えのき茸、シメジ、椎茸など)250g
 長ネギ1本(青い部分も使用)、柚子1個(皮の千切り)
《作り方》
 汁を煮立て、そばかきを加えて一煮立てして火を止め、
 椀に盛り、柚子を天盛りしてすすめます。

最後に、10月の話題をもう一つ。9月30日は十五夜でしたが、中国では、この時期に、一年に1回だけ「月餅」を作るのです。この時期のものは、何より新鮮で、飛び切りのお味なのです。我が家に中国、大連からお客様があり、「月餅」のお土産をいただきました。

 

 

五種類の木の実がはいった「五仁月餅」は格別でした。中国国内の現状などが話題となりましたが、現地の人たちの暮らしは、厳しいものがあり、政府の思惑と大きなギャップがあるようでした。どこの国も、民意を反映しない政治家の存在が問題ですね。
 
なにはともあれ、寒さが厳しくなるまでのひととき、爽やかな気候と豊富な秋の食材をお楽しみください。

 

加藤先生

監修/加藤ゐくこ先生
国際中医薬膳指導師
★ Family62★、ベジフル中医薬膳塾主宰。
身近で自然な食材を使った、日本人にあう家庭薬膳料理を提案。
加藤先生のホームページ
 http://www.geocities.jp/sansho08/index.html   
 

 

 

 

 

 

加藤先生本
加藤ゐくこの「ベジタ薬膳」
まどか出版 定価1,260円
e-mail:sansho@seaple.ne.jp
tel・fax 047-472-1014まで 2012年9月 加藤ゐくこ Family62 コピー及び転載を禁止いたします。


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内