アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

加藤ゐくこ先生の薬膳料理

「加藤ゐくこの薬膳料理」NO.19   2013年2月 2013.02.25
Share

梅一輪一輪ほどの暖かさ 

2月も後半に入り、本日18日は24節気の「雨水」です。雪が雨に代わり大地を潤して地上では、木々や野草、農作物が生育しやすい環境作りを始める準備の時期を迎える・・・と言う目安の日となります。この冬は雪国では、例年の倍の雪が降り、屋根の雪おろしの作業がきつい日課とのことですが,関東地方では、そろそろ梅が開花しはじめています。“梅一輪一輪ほどの暖かさ”とは有名な俳句ですが、朝のウオーキングで訪れる近くの梅林公園では紅梅をはじめ白梅もやっと花を見せています。

                                                 727

「桜切るバカ、梅切らぬバカ」とは、「梅の枝は剪定すべし、桜は枝を落とせば花が少ない」と俗に言われているように梅が咲きそろえば、香しい花がまるでお扇子を広げたように見事な光景が見られる・・・と言うことなのですね。 

毎年この時期に競って探し求めるものに“ふきのとう”があります。空地がすくなくなり、また放射線の不安もあり、関心を示す人もあまりいない現状ですが、やはりうれしい春の使者です。木陰の陽だまりにお目見えした“ふきのとう“を見つけました。

                                                 722

褐色の枯れ落ち葉の中に、黄緑色のかわいい姿を見つけた時の喜びは愛好家にしかわからない感動があります。早速ふきのとう味噌を作り「揚げ出し豆腐」に乗せて早春のほろ苦みを味わいました。

70歳の誕生日「古希」の祝い

2月、一年中で最も寒い時期に私はこの世にお目見えしました。7日がお誕生日です。寒い中、夜中の授乳や産湯などで母がどんなに苦労して私を育ててくれたことか・・・4歳で盲腸炎から腹膜炎を併発し、田舎の疎開先の不自由な環境で手遅れとなり、家族が見守る中、一週間の昏睡状態、しかしながら、当時、まだ希少な薬品であった「ペニシリン」のお蔭で一命を取り留めたのです。以来、虚弱体質で学校を休む日も多く、遠足なども6年生まで母が付き添いで来てくれていました。25才で結婚、30代前半で2児の母となり、玄米採食に出会い、のちにマクロビオテイック、薬膳を知り、現在に至るまで、奇跡的と言えるような生き方を学びながらまた、求める人に伝えて講師をも務めてきました。御年70歳の「古希」のお祝いを子供たちが用意してくれました。(因みに記念品はマッサージ器でした) 

                                                 734

古希の由来は唐の詩人、杜甫の曲江詩「人生七十古来稀」にちなんでいると言われています。これは昔は70歳まで存命するのは非常に稀なことだった為であると考えられます。

不老長寿を求めた中国の皇帝たちでも70歳を迎えた人は稀で、乾隆帝は「古稀天子」と呼ばれ、乾隆帝の他は武帝南宋高宗などわずかしかいないようではあります。食の取り組みは言うまでもないことですが、朝のウオーキングで気を巡らし、適正な睡眠時間をとり、家族をはじめ、たくさんの出会いの人々に助けられ、今日まで来ることができました。これからの人生は、これまでの恩返しの人生と思い、お役に立てる生き方を中心に据えて行く所存。皆様、どうぞお引き回しくださいますように、よろしくお願い申し上げます。

各地での料理講習会の講師、企業や会社、公共団体の講演会(薬膳と中医学の健康講座)など、どうぞご利用、お声をかけてください。高齢者はもとより、育児中のママ、更年期を迎える女性のためなど、たくさんお伝えしたいことがありますので、どうぞ、お申し越しくださいませ。

新しいお茶「人参花蕾茶」のお目見え!  

                                                  453

2月4日の立春が過ぎ、暦の上では春となりましたが、寒気が居座り、文字通りの春はまだ巡ってきません。花粉の飛来も観測され、例年の数倍の量が予想されている中、中国の公害物質PM2.5が日本にも黄砂とともに飛来しています。そんな中、強力なお茶の登場です。

免疫力を高めることが病気に勝、ポイントですから、きっと役立ちます

中国東北部の長白山の高麗人参の花の蕾だけを集めてお茶にした「人参花蕾茶」のご紹介です。まずは、この棒グラフをご覧ください。 

                                                  451

通常は、根の部分を薬用人参として使っていますが、実は花蕾:つぼみにサポニンが16倍以上も含まれているのですから驚愕ですね・・・人参は4年目で初めて花が咲き、6年目にを根を薬用に用いていますが、たくさん咲いた花から、1個だけを残し摘み取ります。しかも咲く前のつぼみをあつめてこれを乾燥させて、歴代の皇帝たちの不老長寿の秘薬としてお茶として用いてきたと言うことなのです。これは、特定の家、一族に伝えられ伝統的に守られてきたとされています。一包のテイーバッグを急須に入れ、熱湯を注ぎ2分後にお飲みください。再度、湯をさして何度でも同じように飲めます。繰り返しの飲用が可能、しかもお茶の後は、袋から出してご飯に炊きこむ、そのまま食べることも可能、すべて無駄なく使いきります。因みにお値段は3g 10包入り2300円となっています。効能などは以下をご参照ください。

     高麗人参「花蕾茶」について

1、「花蕾茶」を飲むと新陳代謝を促進しますので、約3時間くらいで尿が出やすくなります。

2、「花蕾茶」を続けて飲みますと循環を良くしますので、身体全体が温かくなりますので、特に、冷え症の女性に合います。

3、人参の蕾の中に含まれるサポニンの特殊ジンセノサイドに心臓を強くする有効成分が多く含まれています。

4、前立腺肥大症、残尿症状、糖尿病などの改善にも有効です。

5、「花蕾茶」を飲み続けていると血圧のバランスがよくなります。

6、蕾の有効成分の中に、放射性物質を吸収する効果がありますので、輻射被害を予防します。中国では、政府機関の発表で、癌の患者の放射線治療の後で「花蕾茶」を飲み続けていると90%以上の人が有効で、白血球減少症を81,7%の人に有効であることが報告されています。

7、「花蕾茶」を続けますと女性の肌に潤いをもたせ、美白作用があり、シワになりにくくなり、張りがでて、肌、皮膚の老化を抑制し、更に、細胞が活性化され、肌が若くなります。

8、身体全体がに調整作用が働きますので、減肥にも有効です。

朝鮮人参と花蕾について

朝鮮人参は通常4年目に花芽をつけます。しかし、主要部分は「根」とされますので「根」の育成を重視するために「花芽」は育つ前に摘み取ってしまいます。一部、次世代の「育種」のために花芽をつけさせます。その花も1本に1個だけ残して優秀な実を育てるために、余分な花芽はすべて摘み取ります。そのため、「花蕾」は芽の段階で撤去され殆ど目にすることがないのです。しかし、朝鮮人参の産地、長白山の麓に伝わる漢方医一族は、その「人参花蕾」の効果効能がひときわ高いことを熟知しており、秘方として代々受け継がれてきたと言われています。          

時珍著「本草綱目」より

食材名(生薬名)

四気/五味

帰経

効      能

人参花蕾

甘、微苦、温

 

益気活血、新陳代謝促進、清熱消炎、平肝清火、解毒利咽、降血圧、目眩、失眠、耳鳴り、

有効成分:高麗人参の5倍、有機ゲルマニュームを霊芝の約3倍、ニンニク(大蒜)の約6倍、体内環境を整えて新陳代謝促進、細胞の活性化、免疫細胞の老化防止、精力の充実、免疫力増強、抗癌、強心、益知、通神、人参根で陰虚火旺となる人にも飲料可。 
2013年2月 ㈱長白山研究所

バレンタインデー:チョコの代わりに“ブラウニー“は如何?

今年は友チョコが圧倒的だったようですが・・・私は・・・と言えば、見事、誰にもプレゼントをしませんでした。考えてみれば可笑しな習慣ですよね!第一、毎年、義理でも良いのでホワイトデーを思い起こして欲しいのに、殆どの男子様、お返しをしませんよね!(因みに、本当に愛がるなら、チョコなど不要ですよね)遊び心と言えばそれまでですが、ある意味、男尊女卑(死語か!)の流れだと、おもいません?

第一、白砂糖をたっぷり含み、カカオマスの習慣性を持つ成分が、一度食べるとすぐに、又、たべたくなりますから、結局、あるだけ食べてしまいますよね、血液状態がどうなっているかなど、お構いなしですから、折からの花粉の時期の相乗効果!?で、体調が一気に悪化すること間違いなしです。 

第二、一生、チョコから、病気から縁が切れなくなります。第三、なので、今年、無糖のココアパウダーを使って「ブラウニー」を作りました。是非、お試しください。 

ブラウニー~小麦色の焼き菓子~

749 

《材  料》

A 中力粉150g / リブレフラワー100g / 有機のココアパウダー(無糖)50g 
    生姜パウダー20g / ベーキングパウダー(アルミフリーのもの)小1

B 太白ごま油 1/2C / 羅漢果液顆粒大5 (黒砂糖または甜菜糖も可)  
    水250 CC ~          

C  クルミ50g(粗く刻む)麻の実 50g / レーズン 100g(温湯で戻す)
    オーブンの天板26×23cm1枚(温めて、油を塗る)

《作り方》

①Aを粉ふるいにかけて空気を入れておきます。

②Bをボールに入れ、滑らかにあわせておきます。

③②にCを入れて混ぜておいたところに、①の粉類をさっくりと混ぜて

天板に流して平らにならし4×7cm位にカットします。

④オーブンを170度に温めておき、③を20~25分、こんがり、小麦色に焼き上げます。

⑤網ザルに取り出し粗熱をとり仕上げます。

麻の実入りの新しいタイプのブラウニーは、デトックスと栄養素の補給と言う二面性を併せ持つ麻の実の力で健康効果が目覚しいお菓子です。麻の実は麻子仁と言う生薬で、緩やかな緩下作用(腸を潤して排泄を促す)を持ちアミノ酸が豊富、免疫力向上など目覚ましい力を持っています。

★ブラウニーは、通常は卵やバターをたっぷり使用してますが、アレルゲンとなるので除去しました。ベーキングパウダーは、一種の添加物として捕らえ、小麦粉などの素材の栄養素を破壊、また成分中のアルミが問題とされています。アルミを含まないベーキングパウダーを使用しています。

また、3月においしくて体にやさしい薬膳をご紹介いたしますので、ご期待ください。

2013年2月18日  雨水にて   加藤ゐくこ

加藤先生

監修/加藤ゐくこ先生
国際中医薬膳指導師
★ Family62★、ベジフル中医薬膳塾主宰。
身近で自然な食材を使った、日本人にあう家庭薬膳料理を提案。
加藤先生のホームページ
 http://www.geocities.jp/sansho08/index.htm

 

 

加藤先生本

加藤ゐくこの「ベジタ薬膳」
まどか出版 定価1,260円
e-mail:sansho@seaple.ne.jp
tel・fax 047-472-1014まで 2012年9月 加藤ゐくこ Family62 コピー及び転載を禁止いたします


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内