アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

加藤ゐくこ先生の薬膳料理

「加藤ゐくこの薬膳料理」NO32 5月号 2014.05.07
Share

■八十八夜の別れ霜

新緑の中を薫風が吹きぬけて行く五月、2日は八十八夜で、この頃までに植えつけた野菜の新芽が霜に当たられることもなくなり:つまり、もう霜の恐れもなくなり夏に向かう・・・

そうです、5日は二十四節気の“立夏“そして「男子の節句」ですので、鯉のぼりが威勢よく皐月の空に泳いでいます。

 

我が家の五月人形の一つに古い鎧兜一式があります。

1207

 

私の実家にあった80年以上前のものですが、レトロな風情がよろしいのか、皆様に褒めていただいています。(ちょっと自慢にしたところで、なんでも鑑定団では、??ものかも!)

 

朝の散歩で見つけた野草の「嫁菜:よめな」は、現在、絶滅危惧種ではないですが、なかなか見つかりません。

1172

 

ヨメナは食用として美味であることから「嫁にも食べさせる」という意味合いをこめてこの名がつけられてようですが、著名な植物学者の牧野博士は「この類中では最も美味でしかもやさしく美しいからである」としています。

 

私個人的には、竹の子ご飯に塩茹でした「よめな」を塩揉みしたものを加えていただくのがこの時期最高の贅沢と思っています 。ほのかな苦みが夏に向かう体にちょっとした刺激をくれるのもうれしいからでしょうか。

■山菜、野草がおいしい!

古くからの友人からどっさりと山菜が送られてきました。

ワラビタンポポなど・・・ワラビは2日ほど天日で干して、灰汁で茹でてアク抜き後、水にさらして絞る・・・と言う下処理をして、お揚げさんと煮つけるとぬるっとした感触がおいしいのです。

20152

20155

 

掘り起こしたタンポポの根は、よく洗い、刻んで充分に乾燥させた後、焙煎して煮だしたものを「タンポポコーヒー」と呼び、養生茶として日常よくいただきます。

1234

 

コーヒーを禁止された時の代替品として使われますが、実は、かなりの働き者なのです。それに、

誰でも簡単に作れますので、お試しください。

 

【薬草にまつわる民話:タンポポの根:蒲公英:ホコウエイ】

あるお金持ちの家に美しい年頃の娘がいました。

この娘は乳房が赤く腫れ激しい痛みを伴い夜毎悩まされていましたが母親にもいえずに一人苦しみをじっと我慢していました。 

 

ある時、小間使いがこれに気付き、娘の母親に「奥様、お穣様は病気でお苦しみです。」と娘の秘密を話しました。

母親は、娘に恋人がいてそのために悪い病気でも移されたと勘違いして娘を呼んで叱り付けました。

 

娘は根も葉もない疑いをかけられて悔しくてなりませんが身の潔白を証明することもできず、家出をしてしまい方々歩き回り、ある川のほとりに来ました。

そして、月の明るい夜、いっそ死んだ方がと、川に身を投げました。 

 

ちょうど、川で漁をしていた:ホーと言う漁師が素早く水に飛び込み娘を助け家に連れ帰り介抱しているうちに、乳房の腫れに気付きました。早速自分の娘の公英:コウエイに薬草を取りにやり煎じて飲ませた所、すっかり直ってしまいました。

以来、このタンポポの根を蒲公英=ホコウエイと呼び、民間では腫物、健胃、便秘等に用いています。生薬名は、薬草を発見した人物の名前がそのまま使われていることが多々ありますね。

 

タンポポの根:生薬名:蒲公英:ホコウエイ:清熱解毒、消腫散結(ハレ物治癒)、利水通淋(尿の出をよくする)、清肝明目(肝の機能を改善し、目の疲れを回復)

 

ノビルは珍味です

1153

 

ユリ科、ネギ属の野草でラッキョウ、ニラ、ニンニク、ネギと共に五葷:ごくんと呼ばれ、昔からたいそう精が付く食べ物とされ、「五葷酒山門に入るを許さず(ごくんしゅさんもんにいるをゆるさず)」と言われ、こういう刺激の強いものやお酒は、修行の妨げになるので、禅寺には持ちこんではいけないとされていたんですね。

 

五葷の中でも、特にノビルは、畑で作られる他のものより、自然の野原にいくらでもあるものなので、それだけや野性味が強く香りや独特の辛味が特徴で食効も高いのではないかと思われます。

 

ノビルの栄養効果

カリウムを非常に多く含んでいるのでナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、血圧降下作用や、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもあります。

成分はカルシウムをはじめ、マグネシウム、リン、鉄分などのミネラルが豊富。

どれも骨を生成する上で欠かせない成分で骨を丈夫にし、また、ネギ属特有の体を温める効果があるので冷えに弱い胃腸の働きを強化して健康を維持します。

 

ノビルの醤油麹漬け、結構なお味で、お酒のおつまみにもおすすめデス!

1159

 

関東地方では、5月が野草、山菜の旬かもしれません、この後は、北上して、山形あたりは山菜の宝庫ですので、山菜料理の有名店が賑わうことでしょう。

「出羽屋:お宿も」「玉貴:渓流添いの店」どちらもそれぞれに風情があり、おすすめです。

 

では、また、6月に!               

2014年5月4日  加藤ゐくこ


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内