アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

加藤ゐくこ先生の薬膳料理

加藤先生の薬膳コラム10月号 2015.10.09
Share

■寒露

10月8日は二十四節気の「寒露:かんろ」です。朝露が思いのほか冷たく、冷たさが体中に沁みて寒さを感じるようになり、秋の深まりを感じます。

 

また、昼間の時間が短くなり、太陽が西に沈むと急速に暗さがまして日没がはやくなり「秋の陽はつるべ落とし」と言われ、釣瓶いおは、井戸水と汲むために滑車を使った桶のことですが、井戸水と汲むときに、井戸の底へ、桶を落とすとき、サーット落ちて行く有様を、日没の速さに例えた昔の人の表現です。

現代人には難解な表現かもしれませんが、古人の生活と季節感を端的に言い表していますので、Good!ではないですか・・・

■秋の健康法

一番身近な健康法は何と言っても「朝のウオーキング」ではないでしょうか?

 

誰に教えてもらわなくても、軽くて風を通さないウインドブレーカーと、歩きやすくて疲れないシューズ、日よけの帽子などがあれば、明日からでも始められます。

私は、平成4年の6月から始めました。

初期の目標は、週に3回程度ですが、特別朝早く仕事に出る時以外は、出来るだけ毎日歩きます。

時間は1時間ほど、大体8000~10000万歩です。

 

家をでてから、15分位過ぎると、汗が出始め、帰る頃にはかなり発汗し、自然を観察しているうちに、頭の中の拘りや、モロモロの事をすっかり忘れてただただ、自然の草木や、明るい太陽、風のささやきに、心を洗われています。

 

どんな慰めの言葉より、どんな高度なエクササイズより、自然が教えてくれる心身の浄化法ではないでしょうか・・・

■秋の草木

この時期には、野草も少しづつ秋色に変化して“草紅葉”となり、野草の小さな種は野鳥のエサとなります。

赤い枸杞の実は、薬膳では最もポピュラーですが、今の時期は、ピンク色の小さな花が見られます。

近くの土手には“ナツメの木”があり、この秋、初めて青いナツメを収穫して5日間干したらすっかり赤くなり、自分で作った感動を味わっています。

「ナツメを日に三つぶ食しなさい」とは、中国に古くからある健康長寿」の教えなのです。

 

お散歩コースは、その日によって東西南北いろいろですが、ザクロが気になっていたので、ザクロのコースに。

土手のザクロの木に熟したザクロが鈴なりでしたので、お向かいのお家の方に持ち主を聞いたところ、「取っても大丈夫ですよ!」って、高ばさみまで貸してくださいました。

本当に縁起の良い朝で、お陰様でカゴいっぱいのザクロを取らせていただきました。

我が家のブドウと合わせて、「秋の酵素」を作ろうと思います。

ザクロは果物では、珍しい体を優しく温める温性で、肝、胃、大腸の経絡に入り、慢性の下痢や痔疾に良く、殺虫効果も、更に女性にうれしいホルモン、エストロゲンも含むとされています。

 

なにより、ルビーの様な赤い色に魅了されます。

おいしいザクロは、実が弾けて隙間から赤い粒が見えるようになったら、甘酸っぱく病み付きに!

秋のスイーツ:リンゴのタルト

リンゴの種類が多い中で、一番原始的な“紅玉”、甘味と酸味が程よくミックスして、タルトには最適、この紅玉が出回ると、何故か、タルトを作りたくなりませんか?

とっても簡単でササット出来上がる作り方です。

ご一緒に、如何ですか?

 

簡単!リンゴのタルト

《材  料》22cmのタルト型1台分

タルト 小麦粉2C、米粉(上新粉又は玄米粉)1/2C

    ベーキングパウダー小さじ1

      ココナツオイル大3 水100cc~、塩小1/4

中身  リンゴ(紅玉)中2個、レーズン45g(ぬるま湯に浸す)

仕上げ;くず粉大匙1/3,水1/3C(煮溶かす)

 

《作り方》

①タルトの粉を合わせて振るい、オイルを加えて両手で、油が粉全体に満遍なく行き渡る様に良く混ぜて、粉が油を含みサラサラになったら、塩を溶かした水を加えて耳たぶ程度の固さにまとめてラップで包み、ねかせます。(こねなくて良い)

②リンゴを洗い、皮ごと櫛形に切り、レーズンを混ぜておきます。 

③タルト型にオイルを塗り、①を二等分してそれぞれを5mm位の厚さにのしその1枚をパイ皿に平らに敷き、底にフォークで全体に穴を開けます。

④③に②を乗せて平らにならしてから③の残りの皮の生地を薄くのばし、パイ車で1.5cm幅に長く切り、リンゴの上から縦横に格子に組み、周囲をフォークで圧しながらピッタリと接着させます。

⑥180度のオーブンで約30分、香ばしく焼き上げます。

⑦オーブンから取り出し熱い内に仕上げの葛をハケで塗ります。

⑧粗熱がとれるまで放置。8ピースに切り分けいただきます。

 

●リンゴ

性  味

帰  経

薬理作用     効  能

酸、甘、平

肺、脾、腎、肝

健脾、止渇、開胃、化痰、生津、潤肺

適応:下痢、吐き下し、」便秘、中気不足、寝汗、降圧、体力回復、

中性脂肪。コレスレロール低下抑制と排泄

 

2015年10月 加藤ゐくこ family62 無断コピー、転載を禁止いたします。


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内