アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

加藤ゐくこ先生の薬膳料理

加藤先生の薬膳コラム11月号 2015.11.16
Share

11月冬到来

秋、紅葉を楽しんでいるうちに、朝晩の冷え込みがすすみ、いつの間にか冬を迎えました。

2015年もあとひと月余りで、今年やり残したことなどが一気に迫ってくるような・・・でも、年末の楽しいパーテイーなど、友人、知人とのお食事会などの予定も満載ではないでしょうか?

さあ、気を引き締めて11月を乗り切りましょう!

迫りくる寒さに負けない体作り、薬膳メニューをお役立てくださいね。

 

ことし最後の旅:雲南~西安へ

2015年、今年の最後の薬膳研修ツアーは、念願の雲南省、麗江市とシルクロードの玄関である西安へ行きました。

麗江は海抜2400Mほどの高地で、街を縦横に流れる美しい水に囲まれた2000年以上前の民家や石畳みの街、郊外の「玉龍雪山」は頂上に万年雪を頂き、少数民族のナシ族の人たちが「神が住む山」と呼ぶ標高4500Mから5000M の高地、ブルーの美しい湖の点在する清らかな聖地でした。

 

麗江市で観たミュージカルは、宙づりあり、客席に滝が流れるなど壮大なスケールのものでした。

西安市は街にある古い城壁が夜になると美しくライトアップされ、幻想的です。古城の周囲を取り巻く城壁は自転車で一周もできるのでした。

有名な餃子レストランでは、15種類の餃子が供され、最後には何が何だかわからないほどの満腹となりました。

 

今月は、そんな画像をたっぷりおめにかけますので、しばしお楽しみください。

 

11月の薬膳:西安で体験した「大豊作ポタージュ」

《材  料》4人分

トウモロコシ 1/2本(100g程度)(輪切り)

薩摩芋100g(皮ごと大き目の乱切り)

南瓜 150g(50gはうす切り、100gは大きく乱切り)

昆布だし汁  5C

A 調味料:塩、酒、コショウ各適量

B 丸ごと大豆粉 大匙2、くず粉大匙1(大匙4の水で溶かす)

C インゲン3本(茹でて斜め切り)、又はパセリ、和の玄米オイル少々

 

《作り方》

①だし汁に南瓜のうす切りを入れ,柔らかく煮てミキサーにかけて滑らかなスープを作ります。

②①に用意した材料を加えて柔らかく煮てAで調味、Bを加えて仕上げます。

③スープ皿によそい、Cを加えていただきます。

 

★薬膳ポイント:出し昆布:今、世界中で和食が注目を集めています。中でも、昆布でスープのだしを取ることは和食の基本であり、放射能の汚染や生活習慣病、また、甲状腺腫にも効果があることで注目されています。

 

身近な食材でできますので、是非お試しください。

食物繊維も豊富なので、お腹すっきりのスープです。

 

2015年11月15日   加藤 ゐくこ


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内