アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

加藤ゐくこ先生の薬膳料理

加藤先生の薬膳コラム4月号 2018.04.22
Share

はいから薬膳 2018年4月号

■卯月4月

スギナたけのこ白牡丹フジノハナ

画像・・スギナ、タケノコ、白牡丹、藤の花

 

四月は新年度の始まり。可愛い一年生、新しいスーツの入社式など心新たに、新しいことの始まりの季節です。

学生にとっては進級、クラス替えなど気遣の時ですので、家族の支えが必要なので、それとないやさしい一言をかけてあげるなどが大切でもありますね。

 

自然界は桜がおわり、ふじの花の紫、牡丹のしろ、赤、黄色など目にも鮮やかな色彩の美で私たちを和ませてくれています。

 

野原のスギナは、今の柔らかい葉は天ぷらに、また、乾燥させてお茶にして日々使いましょう。

抗がん、利尿、カルシューム補給など、日本人の体質的弱点を補うのに非常に優れた効能を備えていますので是非お試しくださいませ。

 

 

■四月の薬膳・・・竹の子とフキの豆鼓炒め

4月薬膳料理

朝の散歩で近くの竹林から掘りたての竹の子をいただきました。

 

中華の調味料である「豆鼓」を使って簡単でおいしい炒め物を作ってみました。

豆鼓は、中国料理の食材売り場で入手できますので、是非、お試しください。

 

ふきの豆鼓炒め

《材  料》4人分

ふき 200g

A 唐辛子 1本

  竹の子 30g

    干し椎茸 1枚

B しょうが 1片(みじん切り)

  ニンニク 1片(  〃  )

長ねぎ 1/2本(みじん切り)

胡麻油 小1

C 豆鼓 小2

  酒 大1

  醤油 小2

  枸杞みりん 小1

D 葛粉 大1/2  水大2(溶く)

《作り方》

①   蕗を塩で板すりしてから水洗いし、熱湯に塩を加えて茹で、冷水に浸し

あくぬきして後、皮をむきます。

②   ふきとAの材料を6~7cmに切ります。

③   胡麻油でBを順に炒めてから②を加えて良く炒めてからCを加えて炒めながらDを絡めて仕上げます。

 

◎フキについて

性味

帰  経

   効  能と適 応

苦、温

肝、心、肺

鎮咳、袪痰、健胃、化瘀、解毒

 

  • ふきのアクを味の特徴でキリッと仕上げています。

 

2018年4月 加藤ゐくこ  Family62 コピー及び転載を禁止いたします。


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内