アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

芸能人インタビュー

どんな時も、歌は僕のすぐ側にある。だから僕は歌手として恐れず自由に進んでいける 2017.06.19
Share

昨年歌手デビュー45周年を迎えた野口五郎さん。アイドルとして一世を風靡し、その後も歌手、俳優、ミュージシャンとして幅広く活躍しています。アルバム『風輪』では世代もジャンルも越えたアーティストとデュエットに挑戦。野口さんの新境地を切り拓く本作について伺いました。

 

自分は何者なのか?
熱狂のなか、もがき続けたアイドル時代

  憂いを帯びた眼差し、伸びやかで美しい歌声。熱い歌唱から一転、とぼけた冗談で笑いを誘う。多彩な魅力で人々を惹きつける野口五郎さん。  のど自慢大会で優勝するなど、子どもの頃から抜群の歌唱力だった野口さん。歌手を志ざしオーディションを経て、15歳でデビュー。2曲目にして大ヒットを出すと、トップアイドルへの階段を一気に駆け上がります。歌手以外に俳優やバラエティ番組の出演と活動範囲も広がり、不動の人気を獲得。しかし、高まる名声とは裏腹に心には満ち足りないものを感じていました。  「野口五郎が世に広まったのはアイドル時代があったからこそ。感謝していますが、当時の僕はとにかく、ただうたいたかったんです」  歌手の道で生きると決意した自分とそれを貫けない自分。その間でもがく野口さんの心の隙間を埋めたのは、少年時代に熱中したギターでした。ギター、ベース、ドラムなど、歌手のかたわら楽器に打ち込むと、気がつけばスタジオミュージシャンを務めるまでに。  「始めてみたら誰よりもうまくなりたい気持ちが大きくなっていきました。アイドルと呼ばれていてもここまでできるんだって」  その才能はもはや誰もが認めるものでした。しかし、歌に専念したいという思いだけは叶わず、意志と別に活躍の場は広がっていきます。求められた仕事に全力で取り組むうち、埋もれていく本来の自分。歌手、アイドル、ミュージシャン、俳優。自分は一体何者なのか、名乗ることのできないまま走り続け、ふと立ち止まり振り返った時、気づくことがありました。  〝自分の人生の側にはいつも歌がいてくれた”  「こうして話している時も、僕は歌のことを考えて声の調子を分析している。苦しかった時期も、いつだって僕は歌手だったんです」

 歌手・野口五郎の魅力全開! 音楽への情熱溢れる『風輪』

 進んできた道はバラバラではなく、ひとつに繋がっていた。野口さんは最近、そのことを心から実感することがあったと言います。  「以前は自分の演奏でうたうと違和感があって。きっと演奏する自分とは別にうたう自分がいたからでしょう。それが『風輪』では、歌手としての自分を中心にすることで、気持ち良くうたうことができた。僕の芯は歌手だと認めることで、演奏も歌の一部と思えるようになって、ようやく歌手として演奏できたんです」  野口さんの新作アルバム『風輪』。ストイックに表現を追求してきたこれまでと違い、さまざまなアーティストとのデュエットに挑戦。『東京ナイト・クラブ』『冬のファンタジー』など全11曲を収録しています。  「若い世代から大御所の方まで、皆さんの歌声がイメージを広げてくれた。そこから演奏もアレンジもどんどんアイデアが出て。こういう化学反応があるから音楽は本当に楽しいんです。今回は音作りにもこだわって、4ビートや8ビート、色々なビートが入り混じる御法度に近いことも試しました。何でもそうだと思いますが、決まったことだけじゃなく、少しくらい遊んだ方が面白いじゃないですか。若い頃だったら許せなかったかもしれないけど、良いことも悪いことも経験した今だから作れたんじゃないかな」  少年のように目を輝かせながら語る野口さん。音楽への情熱が言葉から溢れます。  「還暦を過ぎてから、音楽からも自由になれた気分(笑)。まだまだ通過点ですから、この先も歌手として恐れず挑み続けたいですね」

 

 

■プロフィール

 歌手/野口五郎

 

1956年 岐阜県美濃市生まれ。1971年「博多みれん」でデビュー。2枚目のシングル「青いリンゴ」がヒット。その後も「甘い生活」「私鉄沿線」「19:00の街」など多数のヒット曲を出す他、バラエティ番組などにも出演。ギターアルバムを発表するなど、楽器演奏にも精通し、ミュージシャンとしても活躍する。

 

■インフォメーション

風輪

発売中/3,780円(税込)
発売元:avex io(IOCD-20373/B)

参加アーティスト:早見優、信近エリ・小野賢章、沢田知可子、LiLiCo、板野友美、callme、研ナオコ、ひとみ、i☆Ris(若井友希・芹澤優)、小林幸子、高柳明音(SKE48)

 

コンサート情報

研ナオコ 野口五郎 Special Stage
~お気に召すかな!?~Part3

■会場/オリンパスホール八王子 日程/7月27日(木) 料金/7,560円※全席指定・税込【問】アイエス03-3355-3553


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内