アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

芸能人インタビュー

映画やドラマはフィクション。けれど、役者は自分の嘘にプライドを持たなければいけない 2017.12.12
Share

自前のパステルカラーのジャケット、そしてホワイトのスニーカーが似合う中井貴一さん。白髭が混ざっても、颯爽と歩く姿は若い頃と変わりありません。「利休の茶器」の贋作を題材に、骨董ロマンと笑いで綴った正月映画『嘘八百』(2018年1月5日公開)についてお聞きしました。

 

誰もが犠牲になるフェイクニュースとどう向き合うのか

 「役者は嘘をつく商売です。たとえば、歴史上の人物を演じるとき、歴史ロマンに思いを馳せます。授業で教わったこととは異なりますし、観客が持つイメージと隔たりがあるかもしれません。だからこそ、役者は自分がつく嘘にプライドを持たなければいけない」  すべての役者が対峙する、フィクションを作る醍醐味と難しさ。その重圧を正面から受け止めてきたからこそ、中井さんは俳優として第一線を走り続けているのでしょう。来年で芸能生活37年。これまで多くの人々の注目や視線を集めてきましたが、それが一般の人に及ぶ時代になったと話します。  「フェイクニュースは一般の人まで犠牲になるものです。インターネットにアップされれば、たちまち偽りが事実かのように記録されていく。すると、最初は疑いの目だけだったのが、いつしかお前がやったという見方へ変わり、最終的には本人から真実さえも失われてしまう。人の噂も七十五日という時代はきっと終わったんでしょう」

 〝利休の茶器の贋作〟を巡る騒動を描いた正月映画『嘘八百』

 真贋を見極めるにはどうしたらよいか。そんなことを改めて考えさせる映画『嘘八百』が、来年1月5日に公開されます。  中井さんが演じる冴えない古物商の小池は、お宝を求めて訪れた大阪・堺で落ちぶれた陶芸家・野田(佐々木蔵之介さん)と出会います。ふたりは若い頃、ある大物鑑定士に痛い目にあわされたという苦い過去を持っていました。その大物鑑定士にひと泡吹かせようと仲間たちと一丸となり、本物をも凌駕する「利休の茶器の贋作」を作り上げるのですが…。  “負け組”たちの一発逆転をかけた物語に、坂田利夫さんや芦屋小雁さん、桂雀々さん、友近さんなどの関西の芸人が多数出演。中井さんや佐々木さんら〝正統派俳優〟と絶妙に絡み、テンポのよい笑いを生みます。  「現場は正にコメディでした。先輩達の天然ボケに後輩がつっこむ。時間に追われていながらも、笑いの絶えない良い時間を過ごしていました。先輩達は普段からチャーミングな方ばかり。こんな素敵な年の取り方をしたいですね」  物語は終盤、文化庁までも巻き込む騒動へと発展。小池と野田は騙し通せるのか、そして嘘から生まれたものとは──。手に汗握る展開と、骨董ロマンで綴った痛快エンタテインメントが幕を開けます。  「骨董に限ったことではありませんが、年代の古さで物の価値が決まるわけではありません。それが良いか、そうでないのかを見抜くのは自分の目です。映画をご覧いただき、そんなことを感じてもらえたらうれしいですね」  溢れ返るような情報に振り回され、ともすれば大切なことを見失いがちな現代。最後に中井さんは偉大な映画監督との思い出を教えてくれました。  「市川昆監督は映画で実績を残されていたにも関わらず、テレビで作品を撮ったり、いち早くハイビジョンに取り組んでいました。若かった僕は『何でもやるんですね』なんて監督に言ってしまいましたが…(笑)。監督は80歳を過ぎても『ええもんを作れる人間になりたいんや』と仰り、確固たる信念をお持ちの方でした。ぶれることのない監督の生き方、そして偽りのない言葉が、今になって心に染みます」

 

 

■プロフィール

 

俳優/中井 貴一

 

1961年東京都生まれ。81年に映画『連合艦隊』でデビューし、83年にドラマ『ふぞろいの林檎たち』(TBS)、88年NHK大河ドラマ『武田信玄』で一世を風靡。03年公開の『壬生義士伝』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞するなど、日本を代表する俳優として活躍。  ヘアメイク:藤井俊二

 

■インフォメーション

『嘘八百』

2018年1月5日㈮ 全国公開

■監督  武正晴■出演  中井貴一、佐々木蔵之介、友 近、森川葵、近藤正臣ほか

 

Ⓒ 2018「嘘八百」製作委員会


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内