アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

人生の達人

インド日本伝統文化振興会主宰 柾屋光里さん 2010.10.26
Share

一人ひとりが心身ともに健康的な社会を。行き着いたのはインドの「ヨガ」でした

今年3月、柾屋さんが代表を務める財団法人『インド日本伝統文化振興会』は、ヨガやアーユルヴェーダ医学に関わるインドの要人を招き、日本ではじめて「ヨガ国際検定」を開催。大盛況をおさめました。「生命の真髄である偉大な医学を数多くの方に知っていただく第一歩になりました」
 柾屋さんがインドに興味をもちはじめたのはエアロビクスのインストラクター時代。米国でライセンスを取得している時、『ヨガ』に出会います。高齢化社会へ突き進む日本に、ゆったりとした動きの『ヨガ』は向いているのではないか、そう考えた柾屋さんは、『ヨガ』を日本に普及しようと活動をはじめます。「まず始めたのは勉強です。本物は発祥地で学ぶべきという考えが私にはありますので、ヨガの元でもある『アーユルヴェーダ』を学びに、インドへ留学しに行きました」
 『アーユルヴェーダ』とは五千年前にインドに生まれた健康法。インド医療哲学の本元であり、アジアの偉大な知識として世界中で認知されています。その健康法を専門に学ぶインド政府公認のカイナリ学院で柾屋さんは日本人初の学位を取得します。「インドでヨガは医療として扱われ、実際に『ヨガホスピタル』があります。そこではお水とガだけで糖尿病などの病気を治し、多くの方が助かっています。ヨガの一番の魅力は、心身ともに健康になれる所です。もちろん西洋医療にも素晴らしい所はありますが、体は治っても心の健康は放置されたままですよね。特にヨガは生命の基本である『呼吸法』を大事にしていますので、しっかり呼吸することによって細胞に深く酸素を行き渡らせ、精神を落ち着かせます。多くの病気は精神的ストレスからですから、まず心の健康を取り戻さないといけません」ヨガに出会い、その奥深さに魅了された柾屋さん。インドで学び得た智識を日本で活かし、多くの人に正しいヨガの研鑽の機会を提供したいと強く感じるようになります。「現在、病気や暮らしの不安が人々の心を塞いでしまっているように思います。日本には、不安を抱えて生きているお年寄りがなんと多いことでしょう。この不安を無くすには国家の仕組みを変えていくことが最も重要ですが、心身を整えて生きていく、一人ひとりの生き方もより重要です。私はヨガを広めることで、少しでも皆様のお役に立てればと考えています。
 健康は人間にとって一番幸せなものであり、基本です。是非、ヨガを知っていただき、自分の体を労ってあげてほしいですね」痛快な語り口で人々を惹き付けてやまない柾屋さん。『夢はヨガを通して人と人とが触れあえる場所を提供すること』。夢への挑
戦は続きます。

 

【お問い合わせ】インド日本伝統文化振興会 TEL:03-3630-5888

インドのヨガの聖地リシケシュに道場を持つヨガの大教導者・サラスワティ聖者(左)
と親交も深い柾屋さん。サラスワティ聖者は多くのヨガを学ぶ者達の指導者で弁財天
と尊敬されています。

 

『カイラリ・アーユルヴェーダ学院』の学長のギター・ラメッシュ氏(右)から認定
書を授与される柾屋さん。ラメッシュ氏は世界各国でアーユルヴェーダの指導を行う
カリスマ的存在。

 

 

柾屋光里さん PROFILE (まさやひかり)
大学時代からエアロビクスを始め米国でAFFAを取得。「ヨガ」に出会い、国立ネール大学、カイナリ学院で学位を取得。会津若松市でスポーツセンターを経営しながら『インド日本伝統文化振興会』の代表としてアーユルヴェーダによるヨガを広める。




 


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内