アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

なるほど!知っ得 からだの知識

入れ歯の痛みは何故起こる?? 2011.11.18
Share

入れ歯の痛みは何故起こる??

【なるほど!知っ得からだの知識】一覧はこちら

 

 

 入れ歯が合わずに痛くて困っていたので、新しい入れ歯を作ってはみたけれど、やはり痛くて思うように噛めない。作り直す度に合っていないのでは? と感じたことはありませんか。
 実際には、歯ぐきの形にピッタリ合っている入れ歯でも、噛むと痛みを生じることがあります。何故その様なことが起こるのでしょうか?

 

『場所によって歯ぐきの厚みや骨の形が違うため』

 

 入れ歯の下には歯ぐきがあります。さらにその下にはアゴの骨が隠れています。
 歯ぐきが薄い部分は指で押すとすぐ下に骨の硬さを感じるはずです。物を噛んだ時、入れ歯はわずかに歯ぐきに食い込みます。
 入れ歯が骨に刺さるように鋭い痛みを感じる箇所は、歯ぐきが薄いか、あるいは骨が尖っている箇所である場合があります。

 

 

『入れ歯がずれるため』 

 

  入れ歯は、上下の歯の凸凹が上手く噛み合わさることによって食べ物を効率よく噛み砕くことができ、また同時に入れ歯自体の位置を安定させています。しかし、凸凹がわずかでもずれていれば、その分だけ入れ歯もずれようとしてしまいます。噛み合せによるずれの力は、部分的に過度な負担となって歯ぐきに加わり、痛みとなって現れてきます。ですので、噛み合わせの調整によって歯ぐきの痛みを解決できる場合もあります。入れ歯を入れているだけでは痛みを感じないのに、噛むと痛みが生じるという場合、あるいは噛むと外れてしまうというような場合にも、上下の歯が上手く噛み合わさっていないことが原因として見受けられます。

 

 以上の二つが入れ歯の痛みの主な原因と言えます。勿論、それだけが全てではありませんが、入れ歯が合わないからといって、原因も解らないまま単に作り直すだけでは改善しない場合もあります。当ハイライフグループでは、入れ歯専門医院として、入れ歯の患者様のみに特化した診療を行っています。「よく噛める入れ歯」を提供するために、入れ歯をつくる歯科技工士が医院内に常駐しており、患者様の表情や、わずかな違和感などを実際に直接感じ取りながら、歯科医師と歯科技工士の専門チームによる精度の高い入れ歯の製作・調整を実現しています。入れ歯でお悩みの方は、お近くのハイライフグループ歯科まで1度ご相談されてはいかがでしょうか?


 

 

 

荒川一郎 先生/歯学博士
ハイライフグループ歯科医師(デンタルオフィス日本橋)
日本歯科大学生命歯学部歯科補綴学第1講座 元講師
■ハイライフグループ都内医院【全国5医院】
デンタルオフィス日本橋:電話03-6202-1118
デンタルオフィス経堂:電話03-6804-4108
ハイライフ池袋出張所:電話03-5546-2269
http://www.hilife-group.com/

 

 

【なるほど!知っ得からだの知識】一覧はこちら


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内