アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

清水国明さんのスローライフのススメ

被災した子どもたちへの支援 皆さんどうかご協力ください 2011.04.18
Share

被災した子どもたちへの支援 皆さんどうかご協力ください

 

【 スローライフのススメ】一覧はこちら

 

 

 東日本大震災で被災した子どもたちを100名、河口湖の「森と湖の楽園」に招いて、傷ついた心と体をいやしてもらっています。

 

 日本がこれまで経験したことがない、未曾有の大震災です。国民一人が、必ず一人を救う覚悟で臨まなければ、もうこの国は終わってしまう。被災地を訪れて真剣にそう思いました。とんでもなくスケールがでかい災害ですが、自分の身の丈に合った支援を、今すぐにしなければならないと思い立ち、福島、宮城に入りました。

 

 観光バス二台に救援物資を満載して避難所に配り、その帰り便に避難する子どもたちを乗せてきました。「森と湖の楽園」で子どもたちは毎日、森を駆け巡り、思い切り遊んでいます。狭い避難所でため込んでいたストレスを、一気に発散できたようです。

 

 大震災学童疎開「生きるチカラ キッズキャンプ」で行うプログラムの目的は「生きるチカラ」を育むこと。結構厳しい自然体験を通して、どんな試練にも何くそと立ち向かう頼もしいチカラを身につけます。それだけでなく、子どもたちに起業家としての勉強をしてもらいます。ゼロから事業を興すノウハウを学びます。本物の銀行員や会社の社長にも協力してもらい、実践的に会社設立から経営までをやり、バザーでの出店などで収益を上げる経験も積みます。

 

 日本にはかつて焼け野原から奇跡的に見事な復興を遂げたという貴重な経験があります。ジャパンミラクルと言われています。その原動力となったのは、小さい起業家たちが、それぞれの商売を興し、懸命に頑張ったからでしょう。

 

 津波にさらわれ一面が瓦礫の原となった街に帰った子どもたちが、復興の一粒の種となってその地に根を下ろすのです。私たちができるお手伝いは、お金、物資だけでなく、街を再生する頼もしい人材育成があると思っています。「魚を食べさせるのではなく、魚の釣り方を教える」をモットーに、期限を決めずにサポートしてゆきます。どうか皆さんのご協力を。

 

NPO(特定非営利活動法人)河口湖自然楽校(代表理事清水国明)が
行っています震災学童疎開「生きるチカラ  キッズキャンプ」へのご支援を、
どうぞよろしくお願いします。

 

 

○クイックダイレクトな義援金の振込口座

■山梨中央銀行 小立支店(コダチシテン)
■普通口座:291383
■名義:NPO法人河口湖自然楽校
     (エヌピーオーホウジン カワグチコシゼンガッコウ)

 

○支援物資の送り先

〒401-0302 山梨県富士河口湖町小立5606 

森と湖の楽園内「生きるチカラ  キッズキャンプ」支援物資係

 

 

■お問い合わせ電話番号 TEL:0555-73-4116 FAX:0555-73-4120

■活動の詳細はホームページにて URL:http://www.workshopresort.com/

 

 

 

【 スローライフのススメ】一覧はこちら

 

清水国明
タレント・多毛作倶楽部  代表


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内