アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

清水国明さんのスローライフのススメ

年代ものの車が現役で走る姿に元気をもらったクラシックカーレース 2012.11.29
Share

【 スローライフのススメ】一覧はこちら 

 年代ものの高価な車が一般公道を走る「クラシックカーレース」に参加してきました。まあ言ってしまえば、お金持ちの贅沢レースなんでしょうが、私は雇われドライバーとしての初参加。

 コースの沿道には大勢の人たちが並んで波のように小旗を振ってくれて、まるで皇室関係の車に乗っているような気分でした。東京の明治神宮を出て、軽井沢、湯沢、高崎、箱根、熱海、なんかをぐるぐる回り、また明治神宮に戻る3日間のレースです。何台かは最後まで走り切れずリタイヤしてしまうという過酷な長距離レースに、何でこんなに高価な車を走らせるのだろうと不思議でした。何億もするような車もあるのです。

 そんな車の隊列を見るために沿道に並んでニコニコ手を振る人たち。車のオーナーたちはとても満足げでした。そうか、高価なものを持つだけではなく、それを大勢の人に見てもらい、いいね、と手を振ってもらいたい人たちなんだな、と分かったのです。

 誰かに褒められたり、羨ましがられたりしてはじめて、物欲が満たされる。持っているだけではだめなんですね。これがお金持ちの、いやらしい自慢レースになっていないのは、走っている車が長い年月を経てもまだ現役で頑張っているクラシックカーだからでしょう。古くて良いものが今も健気に頑張っている姿は、見ているだけで元気がもらえますからね。みんなで助け合って完走を目指す、気持ちいいレースでした。

 

 

【生きるチカラ基金口座】
■三井住友銀行 新橋支店(店番216)普通預金  
■口座番号:2137380
■口座名義:生きるチカラ基金口(イキルチカラキキングチ)  公益財団法人東京コミュニティー財団(コウエキザイダンホウジン トウキョウコミュニティザイダン)  代表理事小川敏男(ダイヒョウリジオガワトシオ)


【 スローライフのススメ】一覧はこちら


清水国明
タレント・多毛作倶楽部  代表 


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内