アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

清水国明さんのスローライフのススメ

スキーを楽しむ息子の姿にみつけた幼き日の自分 2015.04.15
Share

【 スローライフのススメ】一覧はこちら

 

 息子の国太郎(7歳)と、富士山のすそ野にあるスキー場へ行ってきました。

 福井の山奥の豪雪地帯で生まれ育った僕ですから、国太郎くらいの時にはもう裏山から立木を縫って直滑降の毎日でした。長靴に皮のひもでスキー板を縛り付ける、ひどく乱暴な道具でしたが、当時はそれでも最新式でしたね。

 レンタルのスキーを借りて平らな所でもジタバタしている国太郎を連れて、いきなりリフトに乗せて斜面のてっぺんまで。まだ止まり方も知らないのに僕の後を追いかけてきて、それでも5、6回思い切りコケただけで下までたどり着きました。これで懲りてくれればあとは久しぶりのスキーを自分だけで楽しめるなと思っていたのですが、「も一回のぼろ」と目をキラキラ。『あー、スイッチ入れちゃったな』と自分だけ楽しむのをあきらめて、それから何度も、日が落ちて寒くなるまで滑っていました。帰りに国太郎用のスキーセット一式を購入。もしかしたらこいつ才能あるのかも、と親バカ発揮です。

 そして昨日、2度目のスキー場へ。いきなり直滑降でした。スキースクールで習ったわけじゃない国太郎のフォームは、ストック持つ両手を高く上げて腰まげて、カッコ悪さが僕の子どもの時とそっくり同じ。スノボやほかのスキーヤーを縫うように斜面を下りてゆく後ろ姿は、まるで自分を見ているようでした。

 

 

■  ㈱ネットプロダクションが運営するマッチングサイト「タレントくるくる」と「おしごとくるくる」https://kuru.tv/talent/をご覧ください。あなたの夢の実現をサポートします。登録料は月々1000円(年間12000円)です。さぁ、今日からあなたも芸能人!

■まずは  https://kuru.tv/talent/  をご覧ください。

 

【生きるチカラ基金口座】

■三井住友銀行 新橋支店(店番216)普通預金  

■口座番号:2137380

■口座名義:生きるチカラ基金口(イキルチカラキキングチ) 公益財団法人東京コミュニティー財団(コウエキザイダンホウジン トウキョウコミュニティザイダン)  代表理事小川敏男(ダイヒョウリジオガワトシオ) 

 

【 スローライフのススメ】一覧はこちら

 

 

清水国明

タレント NPO法人 河口湖自然楽校 楽校長


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内