アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

清水国明さんのスローライフのススメ

今も越えられないアウトドアの大師匠 2017.10.12
Share

【 スローライフのススメ】一覧はこちら

 

  私の父親は根っからの田舎者で、林業と農業に携わっての92年間を福井の山奥で過ごしています。さすがに最近は足腰が弱くなり、ようやくつかまり歩きの日々なのですが、毎朝早くから池の前の椅子に座り、自慢の錦鯉や生まれたばかりの小錦鯉に餌をやっています。
 帰省すると私はその横に座り、もう何度目かになる昔話に、初めて聞くように相槌を打つ。それが日ごろご無沙汰の罪滅ぼし、唯一の親孝行と考えています。兵隊として中国へ行っていたときの話、一人でクマを追いかけて徹夜で山を歩いて仕留めた話。毎回テーマは同じなのですが、微妙にアレンジを加え、面白くしている話術の成長に感心します。つまりは話を盛っているのですが、エキサイティングな思い出を反芻しているうちに話を美化し、自分を英雄化してしまう癖は親子で似ていますね。
 「あのあたりをクマが歩いとるな」。遠くの山、しかも20キロは離れている山肌を見ながら言うので、ついにボケたかなと思ったのですが、聞くとクマが食料として木の皮を食べるので、ポツポツと枯れている木のルートがクマの通り道なのだと。そんなこと思いながら毎日山を眺めているのですね。
 一緒に山歩きをしていたころ「このあたりにマムシがいるぞ」と匂いだけで言い当てる山の住人は、アウトドアの達人と自称している私が、今も越えられない大師匠です。

 

 

 

 

【生きるチカラ基金口座】

■三井住友銀行 新橋支店(店番216)普通預金  

■口座番号:2137380

■口座名義:生きるチカラ基金口(イキルチカラキキングチ) 公益財団法人東京コミュニティー財団(コウエキザイダンホウジン トウキョウコミュニティザイダン)  代表理事小川敏男(ダイヒョウリジオガワトシオ) 

 

【 スローライフのススメ】一覧はこちら

 

 

清水国明

タレント 無人島クラブ代表 


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内