アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

YCインフォメーション

~第4回~ 美男・美女の産地 亀戸~昭和の名残りを残す街 江東区亀戸天神界わい~ 2007.06.11
Share

【YCインフォメーション】一覧はこちら

 「亀戸というと、必ず「ああ派出所の」とか「両さんのね」とボケをかます友人がいます。そんなときは「そりゃ亀有だろ」と爆笑問題の田中さんばりの突っ込みをいれていますが、実際「亀戸」と「亀有」を間違える人、けっこういるんですよ。

 そんな人には「亀戸天神」の名前をだすのが一番。2~3月の梅まつり、4~5月の藤まつり、そして秋の菊まつりの時期は観光バスもやってきて、参道は池の亀たちもびっくりの大にぎわいです。蔵前橋通りにある船橋屋のくず餅はお土産人気ナンバー1。2~3人用で714円(税込)と価格も超リーズナブル、豆かんもおすすめです。

 

その横にはエブリリトルシングの持田香織さんおススメ、浜崎あゆみさんも絶賛の「純レバ丼」で有名な中華料理「菜苑」があります。「亀戸は美人の産地」とは私の説ですが、前述の持田香織さんを始め、タレントの飯島愛さんも亀戸出身です。ちなみに私の家内も「亀戸産」です。

 男性の有名人では「V6」の坂本くん。実家は3丁目の八百屋さん。店の一角には「坂本くんのコーナー」があり、訪れるファンも多いとか。店頭いっぱいに並べられた野菜や果物は「昭和の風情」そのもの。そう、亀戸にはまだ「昭和」が生きています。元気な人々が暮らす「昭和の名残りを残す街」亀戸にぜひおこしを。

 文と写真/YC亀戸・柴田秀昭

【YCインフォメーション】一覧はこちら


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内