アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

YCインフォメーション

自然と歴史と文化の里 <東京・赤塚> 2009.01.07
Share

【YCインフォメーション】一覧はこちら

 私の住む「赤塚」散策は「下赤塚駅」から始まります。駅北口を出て赤塚中央道りをさらに北にいくこと徒歩10分ほどで、赤塚城の城主・千葉自胤氏の菩提寺として1492年に建立された「松月院」に出ます。そこから「大仏通り」を北にくだるとすぐ信号右手には「大仏そば」。定番の大仏そばや、「胡麻汁せいろ」がオススメです。更に道を下るとすぐ左手に、東京大仏(阿弥陀如来)がある「乗蓮寺」に着きます。日本三大仏の一つとしても有名で、実に身の丈8、2m重さ32t、蓮台は2、3mあります。この大仏様、他と比べて「前かがみ」に作られていて拝む際に下からよくお顔が見えるようになっています。他にも「閻魔大王」等見所は沢山! ゆっくり寺内を見学、参拝していただきたいと思います。

 乗蓮寺を出て門右手の「赤塚植物園」は、「万葉集」に歌われた草花、実に100種類以上が栽培されており散策には最高のポイントです。他にも派手さはないものの、とても神秘的な「不動の滝」もオススメ。更に先に歩を進めると「板橋美術館」。そしてその先には「赤塚溜池公園」があります。また、この溜池公園は板橋きっての梅の名所としても知られ、3月の梅祭りの期間には三万五千人もの方で賑わいます。

 公園内には「郷土資料館」があり、中には土器や化石、板橋の歴史と文化に纏わるあらゆる物が展示されています。資料館本館裏手には昔の形をそのままに残した茅葺の農家もあり、中へ入ると、まるでタイムスリップでもしたような感覚になります。その農家の横に写っている二階にも届きそうな大きな樽、何だと思います? 実はこれ、「とうご」と呼ばれる漬物樽で、一度に四千本の大根を漬け込むものだそうです。百年間保存できるとのことですが…漬けた本人は食べられないですね(笑)。

 郷土資料館を出たすぐ右手側に小高い丘の頂上へと繋がる階段があり、そこを登りきると、緑で覆われた見晴らしの良い景色が広がります。そここそが千葉自胤の居城「赤塚城址地」です。千葉氏のもと長きに栄えた赤塚城も豊臣秀吉により滅ぼされ徳川家康の入幕と共に廃城となり、1590年に 支城である志村城と共にその役目を終えました。

 今回ご紹介させていただいたのは本当にこの町の一部です。他にもいたるところに文化や歴史を感じられる所が この赤塚には点在いたします。 興味を持っていただけた方は是非散歩そてみてください。

文と写真/YC上赤塚

【YCインフォメーション】一覧はこちら


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内