アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

YCインフォメーション

東京・江戸川 江戸川区花火大会 2009.08.21
Share

【YCインフォメーション】一覧はこちら

 

 今年もおよそ100万人を集め盛大に行われました江戸川区花火大会について、地元の視点から見た「江戸川区花火大会」をご紹介させていただきたいと思います。

 花火大会は、毎年8月の第一土曜日に開催されますが、その開場の準備には約2月前から取り掛かります。まず土手の草刈りゴミ拾いから始まり、招待者入場口の柵作りと沢山のボランティアの方達の手を借りながら進めていきます。この頃にはより良い場所で花火を見ようとする方達、いわゆる場所取りをする人とのイタチごっこが始まるのです。場所取り用に杭を打ってビニールシートを被せても開場設置作業の邪魔になるからと、撤去されてしまいます。しかし敵も然る者、翌日には何事も無かったかの様にビニールシートが張ってあるという有様。開催一週間前ともなると江戸川の河川敷はビニールシートとビニールテープに占領されてしまいます。そして当日午後3時になりますと招待者席の入場が始まります。(この招待者席、打ち上げ場所からおよそ100mという正にVIP席実はここでも4日位前から場所取りが始まっているのです)

 この入場が一段落すると私達の出番となります。何をするのかと言いますと来場者の皆様に当日の夕刊を配達するわけです。もちろん無料でお配りするのですが、これが大人気で用意した500部の夕刊はあっという間に無くなってしまいます、何しろ開始時間までまだ4時間も残っているので皆さんそれまで暇でしょうがないわけですから…。

 さてその後7時には江戸川区長の挨拶とカウントダウンにより、一斉に花火が打ち上げられます。時には風の影響で割れた花火の玉の破片が落ちてくる事もありますが、今風に言わせてもらえば「でもそんなのカンケーネー」逆に花火の迫力に圧倒されて、それもいい思い出になります。その後約1時間半で1万4000発の音と光りの競演が続きます。(この花火大会の様子は江戸川区のHPで無料で視聴できます【江戸川区花火大会】で検索)読者の皆様も一度足を運んでみてはいかがですか? きっと真夏の夜のいい思い出として皆様の心に残ることと思います。最後にご忠告を一言「行きはよいよい帰りは怖い」と童謡にもありますが、それぞれが最寄の駅へと帰る道はビックリする程の大行列。思ったよりも時間がかかりますのでご注意を!酔っ払った方には辛いかもしれません、お酒は程々にネ!

【YCインフォメーション】一覧はこちら


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内