アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

YCインフォメーション

東京・中野区/中野駅北口周辺を歩いて… 2011.02.02
Share


【YCインフォメーション】一覧はこちら

 

 みなさん、中野をご存知ですか?

 中野といえば、中野サンプラザ・哲学堂・新井薬師・ブロードウェイセンターなど中野の名所が数多くあります。今回、ご紹介するのは中野サンプラザ・中野サンモール商店街・中野ブロードウェイセンタ―を散歩してみましょう。
 

◎中野サンプラザ

 

JR中央線中野駅北口を出ると見えるのが、中野サンプラザ。この施設は、1973年(昭和48年)6月1日開業。文化複合施設としてホテル・結婚式会場の運営、カルチャーセンターの開催、スポーツ施設の運営などを行っています。また、コンサート会場・大規模イベントホールとしての利用もされています。

 毎年、7月には中野チャンプルーフェスタが行われ、中野サンプラザ前の広場がメインステージになり、サンモール商店街や各商店街の通りにエイサー隊が目の前を通りすぎていくさまは、沖縄で行われるエイサー・シママーイ(島周り)をほうふつさせます。
 中野で沖縄を感じることができるお祭りです。一度、是非見に来てください。
 

 

 ◎中野サンモール商店街


続いて中央に見えるのが、中野サンモール商店街です。
1958年(昭和33年)に現在のショッピングアーケードが完成しました。全長およそ240メートルのアーケード商店街で、入居店舗数は約100店舗以上あり、買い物客や観光客などで毎日賑わっています。

 毎年、9月には氷川神社例大祭があり、商店街や各町会から御輿や山車が出て、大変盛り上がります。

 

 

◎中野ブロードウェイセンター

 

サンモール商店街を歩いて行くと、ブロードウェイセンターにたどり着きます。このブロードウェイセンターは、1966年(昭和41年)に中野駅北口開発の一環として、中野サンモール商店街に続く商業住宅複合施設として開業しました。

 

地下1階と地上1階は、日常生活雑貨を中心とする商店街。地上2階から4階は、サブカルチャーを中心として音楽、漫画、アニメ、おもちゃ、レンタルショーケースといった店舗がおよそ半数以上入店する商業店舗街で、日々多くの若者たちが世界中から訪れています。

中野ブロードウェイセンターを抜けると新井薬師への抜け道、薬師あいロードに出ることができます。途中、歩いていると小学生の子供たちが童謡の「たきび」を口ずさんでいました。「たきび」の発祥地が新井薬師付近ということもあり、今でもその垣根が現在も残っています。そんな風情のある中野に一度、足を運んでみては…。

 

 

 

【YCインフォメーション】一覧はこちら


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内