アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

YCインフォメーション

桜舞い散る朝市、世田谷観音 2011.03.24
Share

 

桜舞い散る朝市、世田谷観音

【YCインフォメーション】一覧はこちら

 

 

  国道246号線のほど近く、世田谷の閑静な住宅街の中に世田谷観音はあります。毎月第二土曜日の早朝、そこには時ならぬ「リュックサック」を背負った人々の波。実はこれこそ「世田谷観音朝市」を訪れる人々。まるで戦争直後の買出し風景? 今日は、最近人気の朝市が開かれる世田谷観音を、私、地元YC下馬の阿比留清寿がご案内します。

 

 まずは世田谷観音のご紹介を。昭和26年の建立以来、多くの地元の人達に愛されているこの「世田谷観音」。国の重要文化財「不動明王ならびに八大童子象」や都の有形文化財「五百羅漢坐像」が安置されており、この一帯は「せたがや百景」にも選ばれています。

 

 

 正面、仁王門をくぐると突き当たりには本堂。向かって右に阿弥陀堂。この阿弥陀堂、京都二条城より移築されたもので金閣寺を模したものとか。左には不動明王ならびに八大童子象が奉安されている六角堂があります。弘法大師ゆかりの三鈷の松をはじめとする木々豊かな境内の中はきっと皆さんに癒しのひと時を与えることでしょう。

 

 そんな歴史ある世田谷観音の新たな名物が「朝市」。最近ではテレビ番組などでも

度々紹介されています。当朝市のキーワード、それは「採りたて・獲れたて・産地直送」。千葉県の農家の方々をはじめとする生産者の皆さんがそれぞれ新鮮な商品を持ち寄り、直接販売します。朝6時の開始から心待ちにされていた地元の人々が毎回300人以上訪れます。

 

 人気ナンバー1は千葉県産「採れたて野菜」。時には開始一時間ほどで売切れてしまうこともあります。また魚もけっこう豊富。九十九里から来たおじさんが試食にと焼いてくれるいわしの丸干しは絶品です。その他にも西京漬けや佃煮なども毎回人気を博しています。

 

 次回の開催は4月9日の土曜日。きっと境内に咲き誇る満開(?)の桜のもと、皆さんもどうか世田谷観音の朝市におこし下さい。

 

 

【YCインフォメーション】一覧はこちら


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内