アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

YCインフォメーション

神奈川県・港北区日吉 2013.02.01
Share

歴史と文化の面影を探して
四季を通じて楽しめる日吉散策

【YCインフォメーション】一覧はこちら  

 東京から横浜に抜ける道は6通りあり、そのひとつが私の「YC日吉」前を通る綱島街道です。綱島街道は、品川区西五反田の国道一号線との交差点から多摩川を渡り、菊名を抜けて神奈川区浦島丘で国道一号線との交差点を結ぶ主要地方道です。今回は、綱島街道の横浜港北区日吉綱島近隣を紹介します。

 大正15年に現在の東急東横線が開通した事により、いち早く市街化が始まりました。昭和初期には、綱島温泉などで賑わい、日吉には慶応義塾大学が移転しました。現在、横浜へ11分渋谷へ16分と好アクセスな立地で東横線の中でも山の手という言葉が似合う駅「日吉」です。慶応大学もあるので若者も多く、一日10万人の利用の駅になりました。

 旧松下通信工業本社も綱島街道沿いに構えていた事もありました。

 日吉は慶応大学が有名ですが、綱島は昔、温泉街と桃の名産地で8つの商店街の一つ(綱島桃栄会)にも使われるほど桃の産地でした。建物名・ピーチゴルフ練習場など桃にちなんだ名前が多数あります。いまだに綱島近辺には桃畑が少し残っています。

 沿線には、古墳や古代の住居跡も多数あります。駅の北方は綱島公園で樹木が茂る小高い丘陵があり春には80本の桜が見事に咲き乱れ花見に最高です、その公園の中に5世紀後半古墳や日吉は慶応大学敷地内に弥生時代住居跡群などが沿線にはまだまだ見所が沢山あります。奥に行くと綱島郵便局本局裏には江戸後期の建造 飯田家住宅(横浜市指定建造物)など、探索し甲斐があります。

 寒い時期ですが、探索を楽しみ、帰りは綱島温泉で体を温めて帰るのはどうでしょうか!!

 

【YCインフォメーション】一覧はこちら 


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内