アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

YCインフォメーション

神奈川県・川崎市多摩区 2013.06.26
Share

【YCインフォメーション】一覧はこちら

多摩丘陵の一角に位置する「生田緑地」を散策

                                                  

  多摩丘陵が多摩川に接する東端の一角に位置しており、現在は計画面積 179・3ha(うち供用面積 117・4ha)の、川崎市内最大の都市公園です。入場は無料ですが、一部施設では観覧料等が必要となります。 

 

 

今回ご紹介する日本民家園は、小田急小田原線向ヶ丘遊園駅から徒歩約十三分、または川崎市バス溝19系統「溝口駅南口」行きで「生田緑地入口」下車徒歩約三分で着きます。

日本民家園は、急速に消滅しつつある古民家を永く将来に残すことを目的に一九六七(昭和四十二)年に開園した野外博物館で、東日本の代表的な古民家をはじめ、水車小屋や農村歌舞伎舞台などが移築されています。かなりの広さで散策には向いています。また緑も豊富で空気がうまい、古民家をわざわざ、こちらまで持ってきて組立てているとお聞きし、復原の凄さを知りました。

 

 

 

 今回、お邪魔した時は一部の古民家で囲炉裏に火を入れ、床上まで上がれるようになっていました。かなり、煙く暑かったですが冬場にお邪魔したら情緒がある気がいたしました。

  建物の数は25軒あり、国・県の指定重要文化財を含めた建物を保存・公開していて、夜間公開や講座などの催事も企画・実施しているそうです。

 

 

 

 私がお勧めしたいスポットは、日本民家園内にある山下家の中にあるそば処「白川郷」で頂くお蕎麦が格別でありました。皆さんも是非、お立ち寄りの際は、ご賞味ください。

 また、生田緑地には岡本太郎美術館・かわさき宙(そら)と緑の科学館・ばら苑・藤子・F・不二雄ミュージアムなどがあります。一日では、訪問できないくらい魅力的な場所です。

 

 

また、行きたくなる生田緑地を皆さんも散策してみてください。

  

【YCインフォメーション】一覧はこちら


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内