アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

YCインフォメーション

よみうりカルチャー大森 2013.07.26
Share

【YCインフォメーション】一覧はこちら

あなただけの一生の宝物を
彫って、削って、楽しむ木彫り  

 「よみうりカルチャー大森」はJR大森駅の駅ビル「アトレ」6階にある。YC大井町の最寄り・大井町駅の隣駅だ。城南地区では最大級のカルチャーセンター。中に入ると、カウンター越しに明るいあいさつで迎えられた。
 大正から昭和の初めにかけ、文人や芸術家が多く住み「馬込文士村」と呼ばれた地区がほど近い。そんな大森の、現代のよみうりカルチャーには約400もの講座があるという。数多い人気講座のうち、この日は「やさしい木彫り」の教室にお邪魔した。
 受講者の皆さんが一心に彫刻刀をふるっている。よく見ると、制作している作品がそれぞれ異なっていた。鏡の枠、菓子鉢、コースター……。講師・北野明一さんの「作りたいものを何でも」という指導方針が好評だ。イスや家具など大作にチャレンジする人もいるという。
 講座ではまず図案を考え、掘り出す木にそれを写すことから始める。丹念に彫りを施し、彩色をし、仕上げ剤を塗るまで全工程を指導してくれる。
 「手先が不器用でも大丈夫ですか」と尋ねると、「うまい、へたではなく個性を楽しむのが手作りですから」と北野さん。受講する皆さんも「なかなか上達しないけれど、彫っていると夢中になれるのが楽しい」と和やかだ。
 北野さんは戦前の生まれで、工芸品職人として活躍した。彫刻家・今城国忠氏に師事し、「日彫展」入選の経歴もある。この道45年の大ベテランだが、教室では「ここをもう少し深く」「そこは丸みをつけて」とソフトな語り口でアドバイスする。
 「木彫りはあくまでも日常生活に役立ってこそ」というのが北野さんの信条。仮に塗装がはがれかけても、補修すると一生使い続けることができる。娘の嫁入り道具にタンスを制作した受講者もいるという。
 木が持つぬくもりに、作り手の愛情が宿る――  奥深い木彫りの魅力に引き込まれたひとときだった。「やさしい木彫り」講座は第2・4金曜の午前10時半から。初心者でも安心して受講できるが、まずは見学(無料)してみてはいかがでしょう。
■問い合わせ先
よみうりカルチャー大森センター(電話03・5471・6311)  

【YCインフォメーション】一覧はこちら


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内