アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

YCインフォメーション

よみうりカルチャー錦糸町 2014.03.05
Share

【YCインフォメーション】一覧はこちら

 

「作る」楽しさ  「使う」喜び

個性あふれる「陶芸」の魅力

 

  成形した粘土の表面に、くし状の道具をサッと走らせる。緩やかに波打つ数本の線が描かれた。「こんな感じかしら」。線は「風」の表現だ。
 「とってもいいですよ」。受講者の女性に、講師の柴田香織さん(クレアーレ信楽工房)が傍らから声をかける。家族のために制作している5枚一組の皿に、少しずつ違う「風」がそよいでいた。

 JR錦糸町駅の駅ビル「テルミナ」6階にある「よみうりカルチャー錦糸町」。「陶芸」講座の教室で、受講者の皆さんが思い思いに作品と向き合っていた。粘土をこねる人、素焼きを磨く人、皿の型紙を作る人。柴田さんは一人ひとりに目配りしながらアドバイスし、難しい作業は手伝ってくれる。

 初心者も経験の長い人も、「作りたいもの」を作る。お皿を制作する女性は「自宅のテーブルの食器がすべて手作りだといいな」と家族への思いを込める。「作る」楽しさと「使う」喜び。柴田さんも「いつものご飯がおいしくなりますね」とほほ笑んだ。

 教室の棚には、各講座で制作中の作品が並んでいる。それぞれ個性的で、それを見て刺激を受け、「次は私も」と制作意欲が高まるようだ。

 陶器は、白土や赤土など粘土の種類と釉薬の組み合わせにより、色合いが変わる。同じように作っても微妙に異なる焼き上がり。そこが魅力でもある。通常は教室内の電気釜で焼くが、講座では年1回、長野県にある本格的な穴窯で信楽焼も体験できる。

 この日、花瓶を作り始めた女性が、ヒモ状にした粘土を少しずつ積み上げていた。出来上がりをイメージし、あたかも「土と会話」をするように。2時間の講座の終わりごろには、美しい流線型のデザインが形をみせてきた。
 「楽しみながら、力量も高めてもらいたい。皆さんと一緒に、いい物を作っていきたいですね」。柴田さんの飾らない人柄と親身な指導も、この講座の魅力になっている。

■問い合わせ先 
よみうりカルチャー錦糸町(電話03・5625・2131)

 

 

 

【YCインフォメーション】一覧はこちら


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内