アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

YCインフォメーション

神奈川県・伊勢原市 2014.04.08
Share

せ【YCインフォメーション】一覧はこちら

 

伊勢原市の名の由来、伊勢原大神宮

                                                  

  小田急小田原線『伊勢原駅』北口を下車し、中央通り沿いを10分ほど歩くと、当YCの斜め向いに『伊勢原大神宮』はあります。
 

  元和六年(1620)伊勢の国の人・山田曾右衛門 は、大山参詣の途中、先手原という松原に一夜の宿を求めたところ、水音を聞いて開墾可能であることを悟り、開墾に着手しました。そこにだんだんと人が集まり現在の伊勢原市の街の基礎が形成されました。曾右衛門は、この新しい開拓地の鎮守として故郷である伊勢の神宮の神様を勧請し、こうして創建された当宮の御祭神に由来して当地は『伊勢原』と呼ばれるようになりました。

 境内には神宮遥拝所が設けられ、当地より伊勢の神宮をお参りすることもできます。
 主な年間祭事として2月3日の『節分祭』・5月5日の『若葉祭』・9月中旬の『例大祭』などがあります。

 元旦の初詣は、年が変わる午前0時前から参拝客が集まり、お昼頃には当YCの前まで並ぶ長蛇の列となります。もちろん当YCのスタッフも元旦の配達後は、参拝します。

 因みに私事で大変恐縮なのですが、息子(5歳)にとっては『命名』・『お宮参り』・『七五三参り』と大変ゆかりのある神宮となっています。

 皆様、大山登山の途中でぜひ立ち寄って下さい。心が洗われますよ。

 

 

 

【YCインフォメーション】一覧はこちら


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内