アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

YCインフォメーション

神奈川県横浜市 2014.10.31
Share

【YCインフォメーション】一覧はこちら

 

西洋風の建物や街並みと梅林公園

 

 今回、ご紹介させていただくのは東急東横線の大倉山です。駅の改札を出てすぐ右に大倉山記念館に向かう急な坂道を暫く登っていくと(かなりの勾配)大倉山公園があり緑色の木々に囲まれる様に大倉山記念館が建っています。

 この建物は昭和7年に実業家大倉邦彦氏が大倉精神文化研究所本館として建てたものですが昭和56年に横浜市に寄贈され今の横浜市大倉山記念館と改名されました。

 設計をされたのは明治から昭和初期にかけて活躍された建築家、長野宇平治さんの設計で古代ギリシャ神殿を思わせる建物です。また外観だけでなく内部も全てではありませんが一般公開もしていますので是非、見学していただきたいと思います。他にも有料ですが集会室が10室にホールやギャラリーも利用する事が出来ます。ミニコンサートも行われていますので詳しくはイベントスケジュールをご覧ください。余談ですがドラマにも良く使われています。

 記念館を出て駅と反対方向に少し歩くとそこは梅の名所でもある大倉山梅林公園があります。毎年、沢山の人が観梅に訪れます。出店もありゆっくり出来ますのでお越しください。そして大倉山と言えば商店街の外観です。大倉山エルム通りは大倉山記念館の意匠とイメージを統一した建物になっておりアテネ市にある「エルム通り」と姉妹提携を結んでいます。その記念の像が大倉山駅の左側角に「不滅への飛翔」のプレートに記されています。お越しの際は是非ご覧いただきたいと思います。

 

 

【YCインフォメーション】一覧はこちら


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内