アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

YCインフォメーション

よみうりカルチャー荻窪 2015.10.07
Share

 

【YCインフォメーション】一覧はこちら

 

青島広志さんの人気講座
10月からは
「オペラ―その流れをたどって」

 

  テレビ「題名のない音楽会」などでお馴染みの作曲家、青島広志さんの人気講座が、荻窪センターにある。
 瀧廉太郎の「花」や、山田耕筰の「からたちの花」、大中寅二の「椰子の実」など、明治、大正、昭和の作曲家の歌をたどる「日本の歌をご一緒に」という講座だ。
 青島さんのトークとピアノ伴奏、テノール歌手の小野勉さんの歌という贅沢な内容で、受講しているのはシニアの女性を中心に30人。青島さんの作曲家についての説明や、和音や歌詞の解説、ユニークな蘊蓄(うんちく)が絶妙で、歌と笑いに包まれて90分が過ぎてゆく。
 9月で1クールが終わり、10月からは「オペラ―その流れをたどって」が始まる。オペラ400年の歴史をたどり、有名なアリアを訳詞で歌おうという企画だ。
 歌うのは、▽ヘンデルの《セルセ》より「オンブラ・マイ・フ」、▽モーツァルトの《フィガロの結婚》より「恋とはどんなものかしら」、▽ヴェルディの《椿姫》より「乾杯の歌」、▽ワーグナーの《ローエングリン》より「婚礼の合唱」――など6曲。
 「17世紀の昔から現在まで、ヨーロッパの一大娯楽として栄えたのはオペラです。詞は基本的に訳詞で、お一人で歌うことはありません。オペラを難しいものだと思っている方、観に行くのが面倒だと感じている方には、これだけで観たつもりになれること、請け合いです!」と〝ブルー・アイランド氏〟こと青島さん。
 講座は第3木曜(11月は第2の12日、2月は第4の25日)午後7時~8時半。
■問い合わせ先
よみうりカルチャー荻窪(電話03・3392・8891)

 

【YCインフォメーション】一覧はこちら


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内