アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

YCインフォメーション

よみうりカルチャー錦糸町 2015.11.04
Share

 

【YCインフォメーション】一覧はこちら

 

「カラオケ」でストレス解消・

健康増進。うまくなる秘訣・

コツが満載のレッスン

  カラオケのレッスンが、こんなに微に入り細に入り、綿密なものだとは知らなかった……というのが正直な感想だ。今回訪ねたのは、錦糸町の駅ビル「テルミナ」6階にある「よみうりカルチャー錦糸町」。5000人以上が通うこの都内有数のセンターで、毎週水曜日午後2時~4時に開講されているのが「楽しいカラオケ(A)」(こいけはつみ講師)だ。
 レッスンは軽い準備体操から始まり講師のピアノにあわせて行う発声練習へ移るが、この発声練習からして実に綿密なのだ。低い音程から高い音程まで「ア」「ハ」「ホ」など繰り返して声を出す際、「『ホ』はただ歌うのではなくフクロウのように鳴く。『ハ』との音質の違いを意識して鳴き分ける」「『ア』はお経のようにならないように、明るく笑顔で」「『ラ』は舌が口の上と下をしっかりたたいて動くように」……と、1音ごとに細かく具体的なアドバイスをしながら発声が進められる。

 さらに、いっぱいに息を吸ってから「アー」と20秒も声を出し続けたり、「遠くに矢を飛ばすように横隔膜を動かして『ハッハッ』と出す」と練習を繰り返すうちに、受講者の声がみるみる力強くなっていくのがわかる。これに「させしすせそさそ」など口を大きく開けての鍛錬を加えると、ここまでで20分。声を出す準備が十分に出来て、いよいよ歌のレッスンだ。
 この日の主題は大月みやこの「愛のかげろう」。音に加えて今度は歌詞の言葉にも主眼を置いたレッスンとなる。ピアノに合わせて全員で歌いながら、「『び』の後の『い』、『た』の後の『あ』など、母音を大切にして情感を出す」「『他人に戻る』のフレーズは、粘る所・切る所に気を付けて色気を出す」「『怖いから』の『い』を2度歌って怖さを込める」「『まぼろしですか』の『し』と『で』の間に本当にまぼろしを見させるように」等々、1フレーズごとに徹底的な指導が行われる。

 そして最後にカラオケが登場。受講者全員が代わる代わるマイクに向かって歌いつないでいく。指導を活かして歌う声は、みんな玄人はだしだ。受講者同士で拍手も起こるほど。これだけのうまくなる秘訣・コツの指導を受ければ、自分もきっと……そう強く思わせてくれた2時間だった。

■問い合わせ先
よみうりカルチャー錦糸町(電話03・5625・2131)

 

【YCインフォメーション】一覧はこちら


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内