アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

好評連載コラム

YCインフォメーション

よみうりカルチャー町屋 2016.12.23
Share

 【YCインフォメーション】一覧はこちら

 

 

〈マトリョミンを弾いてみよう〉


ロシア人形の電子楽器


手を触れず演奏、温かい音色

  「マトリョミン」は、いったいどんな楽器だろう? 音色を聴いたことがあるだろうか。それを知りたくて、町屋センターの講座〈マトリョミンを弾いてみよう〉を訪ねた。
 「ロシア人形マトリョーシカの中には、最も古い電子楽器テルミンの一部機能の音程を作り出す機器が入っています。左手で人形を持ち、右手で音程を探しながら演奏しますが、音量調節はできません。最大の特徴は楽器に触れず演奏できることです」と話すのは、講師でマトリョミン演奏家の宮崎香純さん。
 マトリョミンは、テルミン奏者の竹内正実さんがテルミンの機能をマトリョーシカに収めて楽器にし、2003年に世に送り出した。宮崎さんはこの頃、テルミンの師匠である竹内さんからマトリョミンを紹介され、そのアンサンブルの素晴らしさに魅了されたという。
 「楽譜が読めなくても大丈夫。指の動かし方にルールがありますが、歌の好きな方なら、上達は早いし、数時間ですぐコツをつかむ人もいます」と宮崎さん。
 この講座は当初、月1回でスタートしたが、受講者の皆さんの要望から月2回となり、講義は個人レッスンに近い。欠かさず通っている女性受講者さんは「誕生日会で演奏すると、その場が楽しい雰囲気になり、喜ばれました。初めて見る人には、『ハンドパワーなの?』と驚かれたこともありました」と語る。
 マトリョミンのサイズは、高さ約20㌢、幅約10㌢。重さは約400㌘で、単三乾電池4本で演奏できる。
 かわいい外観で、楽器としては軽くて持ち運びやすい。その温かい音色に心が癒やされるようだ。
■講座は、第2・4水曜19時30分~21時。
■問い合わせ先は、よみうりカルチャー町屋(電話03・3802・7115)

 

【YCインフォメーション】一覧はこちら


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内