アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

編集部だより

勘違い 2007.04.13
Share

勘違いをよくします。
 「社交辞令」を「社交条例」と言ってしまったり、呂律「ろれつ」を「られつ」だと思っていたり、「美味しんぼ」という漫画を20年間「くいしんぼ」だと信じていました。
友人に「くいしんぼ」ではなく「おいしんぼ」だと指摘された時は、自分の情けなさに涙が出ました。未だにバカにされます。
しかし悲しいかな、勘違い人間の周りには勘違い人間が集まってくるのです。
先日友人と遊んでいたとき、喉が渇いたので喫茶店に入りました。アイスティーを注文すると、アールグレイ、セイロン、アッサム、ダージリンの中から紅茶の茶葉を選べるサービスがありました。

私は迷いながらダージリンを注文し、友人も
「私もダーリンでお願いします。」
と言ったのです!!!
確かにダージリンをダーリンと!!!!!!
吃驚した私は店員さんの顔を見ました。
彼女は眉ひとつ動かさず平然と注文を繰り返しています。
私は不安になりました。もしかしたら私の聞き間違いかもしれない。日頃から私の勘違いを指摘してくれる友人にかぎって、そんなミスをするなんて考えられない。きっと私の耳がおかしいんだ。疑ってごめん、謝ろう。
そこまで思いつめた私に、友人はのんきな声で言いました。
「私、ダーリン飲むの初めてかもしれない。」
「……私もダーリンは初めてだよ。」
 
結局、その場で指摘するタイミングを逃した私は、未だにそのことを友人に話せずにいます。
みなさんも勘違いには気をつけて下さいね。私も今月中までには友人に教えようとおもいます。


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内