アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

編集部だより

日本一 2007.11.02
Share

 ドラゴンズが優勝しました。

 中部地方出身者ということもあり、ドラゴンズファンの私は嬉しく思います。が、やはりペナント2位での日本一には素直によし!とは思えません。クライマックスシリーズというものをやるぐらいならば、長い期間をかけて行うペナントレースの後に、セパ両リーグによるトーナメント制の戦いをやってみたりしたらいいのにと思います。このあたりの考え方はサッカーで言うところのJリーグと、天皇杯のようなイメージです。

 まあそんな今年の最後の日本シリーズは、「完全試合リレー」という幕切れでした。先発の山井投手が8回を投げきってのパーフェクト。にもかかわらず9回を守護神岩瀬へと継投。こちらも完全なリリーフで見事に胴上げまでつなげました。これは試合後分かったことなのですが、山井投手は手のまめをつぶしてしまい、投手コーチに相談。その後のピッチャー交代だったそうです。

 これには本当に賛否両論です。娯楽性重視か結果重視か。夢にかけるか現実をみつめるか。

 個人的には良かったと思います。このチームを作り上げた落合監督は賞賛するしかありませんし、そんな彼の英断は尊重したいと思います。

 ちょっと気になったので、大リーガー・野茂英雄投手の背番号16が入ったTシャツを着こなしている、大のドラゴンズファンの友人に電話してみました。まず第一声が「ありがとうございます」。余韻に浸る彼にその旨を伺ってみたところ、俺竜(流)采配には○だそうです。彼に言わせると、山井でなく、一年間ローテーションをまわしてきた川上憲伸(中日のエース)ならばそれでも(まめができても)投げさせたようですが、でなければ、一年間、守護神として活躍した岩瀬でよかった。というのが彼の意見のようです。ふむふむ。

 とは言うものの歴史的瞬間の実現を見たかったというのが私の心の本音です。

 ちなみに戦時中に撮影された写真の姿が、自分とそっくりな私のじいちゃんは、大の中日ファンでした。あれから18年、大人になった私としてはちょっと意見を伺いたいものです。


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内