アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

編集部だより

奮闘記~第2話~「MAXは誰だ」 2008.01.11
Share

 前回は「おしり洗いマシーン付き便座」と連呼して申し訳ありませんでした。

 あと数回でこのお話も終わります。しばしおつき合いを。

 その日も私は「おしり洗いマシーン付き便座」部屋が空いているのを確認し、そそくさと入っていく。

 ♪ここから先はさわやかな草原と小鳥のさえずりをどうぞ……。

 そして、いよいよお待ちかね。おしり洗いタイム。ワクワクしながらスゥイッチ・オン!

 『!!!!!?』

 便座から30cmは飛び上がっていたろう。感覚的には飛んだのだ。びっくりとかそういうレベルではなく。

 心地よさなど欠片もない。

 「イタタタタタタタタ!」と大声で叫びたいところをこらえ、苦悶の表情で必死に何が起きたか理解しようと努めた。その間に私は大切な何かを失ったと思う。何秒たったのか、私は事態を理解した。

 「水勢」がMAXになっているではないか! 

 私はあわてて水勢を春の穏やかな小川くらいに戻した。「フ~」と一息。やれやれである。なんとか身体的には無事であることを確認し、私はトイレを出て仕事場へと戻った。平気な顔をしていたが、内心は怒りとギモンでいっぱいだった。「いったい誰がMAXでおしりを?」(つづく

 


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内