アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

編集部だより

奮闘記~第3話~「限界に挑むオトコ」 2008.01.18
Share

奮闘記つづき

 それから数回、私は同じトラップにかかり、精神的・肉体的に相当なダメージを受けた。(おかげで最近はまず水勢を確認するのが習慣となったのだが)そのたびに「お~の~れ~」と思ったものだ。

 いったいどれだけキレイにすれば気が済むのだ。内臓ごと洗浄しているのか。そんなにしなければ落ちない代物なのか? それともここで社会のしがらみや、悪い霊などなどを洗い落としているのか?

 そんなことに思いを巡らしながら、私はその男について、ある仮説をたててみた。

 「ゲンカイニイドムオトコ」

 そうだ! そうなのだ。

 彼だって、男性用トイレなので間違いなく彼なのだが、最初からいきなりMAXでオシリを洗っていたわけではあるまい。単にキレイにするだけなら、春の穏やかな小川程度でもよいのだ。「おしり洗いマシーン付き便座」の能力はそれほどに優れている。はっきり言えば、MAXの水勢だと、シブキが飛び散ってしまうはずだ。何よりイタい。それでもMAXにこだわるのは、そこに何かしら意図や目的があるからだろう。そこから導かれた答えが「限界に挑む」だった。そして私は自分の怒りや疑問など、何と小さなことかと可笑しくなってしまった。(つづく


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内