アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

編集部だより

さよならcolor 2008.09.07
Share

 人それぞれ日常の中で欠かせないものがあると思う。

 毎朝の新聞、おいしい食事、本を読むこと、ゆっくりとお風呂につかる…。自分にとってのひとつは音楽を聴くことだ。

 自分にとっては、本当に欠かせないもので、なんとなく気分をよくしてくれたり、落ち込んだ気分をあげてくれたりで、とにかくなくてはこまる。

 よく知らない人やちょっと苦手な人でも、自分の好きな曲だったりミュージシャンを好きといってくれたりする人のことは、無条件で好きになってしまったりする。

 それに、そのときの時代、していたこと、考えていたことが自然と頭に浮かんでくる。「そのときは~」なんていうみんなとの会話が心地いい。それもまたいいところだと思う。

 サザンオールスターズの活動休止を寂しく感じている人が数多くいるように、自分にとっても好きなミュージシャンがあと一週間で解散する。その人たちの名曲のひとつが「さよならcolor」。はじめてきいたとき、自分のことを言われているような気がして、大切な決断を簡単にしてしまった。俳優・竹中直人さんもこの曲に影響を受けた方の一人だそうで、この曲を題材に曲のタイトルの映画を制作してしまったほどだ。とても心がきれいになる映画で、エンディングで流れてくるこの歌は忌野清志郎 さんも参加していて(たしか)よても素敵でした。

 スーパーバタードッグ、さよならからー!!


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内