アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

編集部だより

プラスへジャーーーーンプ!! 2008.11.22
Share
こんにちは編集部のDです。
元厚生事務次官宅連続殺傷事件という痛ましい事件が起きました。未だ犯人逮捕への手がかりとなる報道はされていません。あまりにも反社会的なこの事件。連日各TV局がこのニュースを流し、それぞれの犯人像を想定し、これはテロだ!いや単独愉快犯だ!などの様々な意見がメディアに乗って飛び交ってきます。犯人が捕まらない限り動機は分からずじまいですが、犯人側に如何なる正義があるにせよ決して許されない事件です。また、家族をも狙うとは非常に不快です。報道によると屋内まで入り込み追い掛け回しての犯行か?などと犯人の異常なまでの執念が伺えます。1秒でも速く犯人を捕まえ、1秒でも速く法の下での裁きを受けることを願います。
 
このような暗いニュースが連日のように報道され、以前から良く見聞きしていた「不景気」という3文字も妙に真実味を帯び、なんとなく暗い雰囲気が日本全土を取り囲んでいるような気がします。そんな時とある企業の看板広告が私の目に飛び込んできました。「忘年会の元気が日本を良くする」(そんなキャッチフレーズだったと思いますが・・・)という文字の後ろで団体のサラリーマンが勢いよく乾杯している写真が写っています。あぁもうそんな時期かと思うと同時に、その看板広告を見て少しホッとした自分がいました。なんか楽しいですよね、お酒の場って。そんな活気をみんな欲しがっているのかもしれないですね。
 そういえばお酒の席でよく喧嘩をしては仲直りをし、口論してはお互いを褒めあい、失敗からの仲直り、マイナスからの反動でプラスに転じることをよく見ます。今の日本もマイナスの現状からそれをスプリングとしてプラスにいつか転じるのでしょう、それを信じて皆頑張っているのでしょう。
 
 振り返ると私にもお酒の失敗談はあります。まだ学生の頃でしたが、廃ビルの屋上に忍び込み、仲間とワイワイ飲んでいました。そのとき誰も手を付けなかった日本酒2リットル入りのボトルを1人で飲むという罰ゲームに私が当たり、周りに囃され、やけくそになり飲みだしました。すると不思議、お酒の味が途中から水にしか感じないのです。そう味覚障害が起きました。飲み終えた私はそれ見たことかと言わんばかりに立ち上がり、拍手をする皆に近づこうとしましたが、歩けども歩けども近づけません。同じところをグルグルと廻っているのです。そう歩行障害が起きました。さらに途中から何が面白いのか分かりませんが腹を抱えて笑い出しました。そう何かしらの障害が起きました。皆はあまりの酔いっぷりに面白がり私の鼻の穴にお菓子のカールを詰めこみました。満面の笑みで大笑いをし、同じところをグルグル廻り、日本語にはなっていないロレツが回らない舌で何かを叫び、鼻にカールを詰め込んだ成人男性・・・・・・。もうこの世の終わりですね。
 
こんな最悪なマイナスの出来事もいつかプラスに転じるのかな?

Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内