アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

編集部だより

三郎の店 (編集部便り) 2008.12.05
Share

 気付けば今年もあとわずか。1年ってあっという間ですね~。特に、ここ1ヶ月くらいは、はいから新年号に向けてバタバタと動いているので、時間が経つのが早いなぁと感じています。頑張れる仕事があって幸せです。感謝感謝。

 たまに新宿2丁目のオカマバーに行きます。バーといっても、三郎が(ママが)独りでやっているスナック(行ったことないけどイメージ)みたいなお店で、居心地がいいんです。

 飲み会の後に終電を逃すと、皆で大体、そこに行って始発で帰る。というパターン。

 顔なじみも出来て、ママとも仲良くなりました(常連のオカマとも)。カラオケもあり、酔っ払っているということもあって、お客さんが一体となって、歌いーの・踊りーので、ハチャメチャな時間を過ごします。飲んで騒いで朝まで居ても、料金が安いのが嬉しい!行きつけになっている理由の1つです。

 ちなみにママは小林幸子似で、かなりの毒舌という驚異のオカマ。さらにやっかいなのは、常連のもう1人のオカマ、須藤ちゃん(外見は男性)がママに増して毒舌だということ。最近は、「シュウマイみたいな顔よね。いや、肉マンよ。」と言われました。いつも持っているフサフサが付いた謎の棒を左右に振りながら。まぁ、笑い飛ばしましたけど!で、言った本人がツボに入ったらしく笑っていました。(オイオイ!)

 たまには、ハメを外して騒ぐのもストレス発散になって楽しいです。また近いうちに、友達と、あの扉を開ける予定です!

 はいから入稿が近づき、忙しい日々ですが、皆さん身体に気をつけて頑張りましょうね!ファイトー!! ではでは。


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内