アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

編集部だより

お酒と私 2009.08.07
Share

私は普段、お酒を飲みません。というのも、私は実に素直な体をしており、一杯なら
一杯、二杯なら二杯、飲んだ分だけ憎らしいほどきっちりと太るからです。しかも私
の場合、太ると必ず、最初に顔に肉がつくので、みんなにバレます。ビール一杯がど
うやらご飯一膳分のカロリーらしいということを知り、なおさら恐ろしくなりました。

しかし、お酒を飲むことは好きです。会社帰りにコンビニでビールを買い、サバ缶や
砂肝をつまみにして毎日のように晩酌を楽しむ友人(同い年・♀)がおりますが、そ
の人物はちっとも太りません。羨ましい!

 

しかし、私はある意味助かっているのかもしれませぬ。太る…というブレーキがなけ
れば、アルコール中毒まっしぐらだったかもしれません。会社帰りにフラッと立呑屋
に入り、ビールを一杯引っ掛けてから帰る…ということに憧れます。本当は毎日晩酌
したいです。ちなみに父はビールを瓶で二本、缶を何本か飲み、夕食を食べ、全部吐
いてから寝る、という生活を、もう若い頃からずっと続けています。吐くことでカロ
リーをチャラにするそうです(できているのか?)。

さて、そんな私はたまの飲み会には、狂ったように酒を飲みます。最初に生ビール、
その後は延々とカシス系カクテルを飲んでいます。度数は低いがエンドレスで飲み続
けるので、周囲は私が強いのか弱いのか図りかねるようです。自分でもよくわかりま
せん。

 

飲み会はたいていワリカン。なので、私のせいで酒代が高くなると言われ(なんて野
暮なことを言うんだ!)、弱い酒をダラダラ飲むのではなく、強い酒でパリッと終わ
らせてはどうかと提案され、それもそうかと納得し、以来梅酒ロックに切り替えたの
であります。

 

しかし所詮カクテル…


あまり変わりませんでした。ロックは量が少ない分だけお代わりの回数が増え、プラ
スマイナス0か、むしろ酒代はプラスに転じる結果となりました。しかも、少し酒に
強くなってしまいました。

 

焼酎や日本酒、ウイスキーなどをロックで飲めれば言うことナシですが、残念ながら
それらは体が受け付けないのです…何がおいしいのかわからない…薬っぽい…

ただ、ビールも昔は嫌いでしたが今は好きなので、そのうちまた味覚が変わるかもし
れませんね。期待しています。

とりあえず今の目標は、ひとりで格好よくバーでお酒を飲むことと、ひとりで焼肉屋
に行くことです、はい。


Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内