アクティブなシニアライフを応援する情報サイト

素敵に年を重ねる’あなた’のための応援サイト
Home

文字サイズ変更

  • 標準
  • 大

はいからCHANNEL インターネットTV
はいから大人の部活
遺言アプリ100年ノート


メディアのご紹介

  • 季刊誌はいから
  • 新聞はいからエスト

編集部だより

日光 2009.09.30
Share
 先日の連休、日光に行ってきました。目的地は日光東照宮、華厳の滝。車で早朝に出発したのですが、高速道路はもちろん混んでいて、あらためてETC搭載車の高速道路千円効果を実感。人がより動き経済効果もあると思いますが、環境には良くないでしょうね。途中お腹を壊して寄ったサービスエリアも1キロ以上前から並ぶほどの渋滞。これは、サービスエリアの売店などは儲かるだろうなと思いつつトイレに駆け込みました。そんなこんなでやっと日光インターで下りてから日光東照宮に向かうまでもずっと渋滞。まぁディズニーランドでも1時間、2時間待つのが基本だし、ネズミかサルかぐらいの違いだろうと晴れた空を眺めて待つこと2時間ほどで日光東照宮に到着。
 
 向こうに着いてからは「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿や眠り猫を写真でパシャパシャ撮影したり、前にテレビでやっていたパワースポットとやらで体中にパワーを集めてみたり。1番凄かったのは、薬師堂の天井に描かれている「鳴竜」。竜の頭の下で拍子木を打つと、天井と床が共鳴して鈴のような鳴き声に聞こえるというもので、実際に鈴が鳴り響くような音に意外と驚かされました。そのあと腹ごしらえに湯葉うどんを食べ、次の目的地、華厳の滝へ。
 
 途中までは順調だったのに、いろは坂でまた渋滞に。いろは坂にはある48のカーブには“いろは坂”の名前の由来となった“い”から“ん”までの文字が順番にふってあり、それを眺めて時間を潰し、夕方ごろやっと華厳の滝に到着。あまり滝を見たことなかった私は華厳の滝の荒々しさと不思議な雰囲気にとても惹かれていました。子供の時はなにも感じずに見ていたものも、大人になって見るとなんか胸にくるものがありますね。そのあと、中禅寺湖にちょっと寄ってから帰りました。
 
その日はなぜかお爺ちゃん10人くらいに大福をもらう夢を見ました。

Back PageTop

  • 会社案内
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • お問い合わせ
  • 広告掲載のご案内